keis3456
3 Cadmium

【Data Domain】レプリケーション帯域制御設定について

解決策を見る

2台のDDにてレプリケーション設定を実施し、レプリケーション帯域を制限したい場合、

ソース側DDのみでの帯域制御設定でよいでしょうか。それともソース、ディスティネーション両方での

帯域制御設定が必要でしょうか。

 

例:帯域を30MBとしたい場合

ソースDD:30MB制限

ディスティネーションDD:帯域制限なし

 or

ソースDD:30MB制限

ディスティネーションDD:30MB制限

 

仮に①のソース側での設定のみで良い場合、誤って②のような帯域制限設定を掛けると、30MB+30MBで60MBの帯域制限になってしまうということはないでしょうか。

ラベル(1)
返信
1 件の受理された解決策

受理された解決策
Highlighted
shirotan
3 Zinc

Re: 【Data Domain】レプリケーション帯域制御設定について

解決策を見る

①のソース側だけで良いですね。

 

送信側の送出量の制限なので、②をしたとしても60MBにはならないはずです。

元の投稿で解決策を見る

返信
2件の返信2
Highlighted
shirotan
3 Zinc

Re: 【Data Domain】レプリケーション帯域制御設定について

解決策を見る

①のソース側だけで良いですね。

 

送信側の送出量の制限なので、②をしたとしても60MBにはならないはずです。

元の投稿で解決策を見る

返信
Highlighted
keis3456
3 Cadmium

Re: 【Data Domain】レプリケーション帯域制御設定について

解決策を見る

レプリケーション帯域制御設定については送信側(ソース)のみの設定で良いこと了解いたしました。

ありがとうございました。

返信