Highlighted
keis3456
3 Cadmium

【Data Domain】管理ファイルレプリケーションについて

解決策を見る

Data DomainにてDDboostを使用するレプリケーションとして管理ファイルレプリケーションというのがありますがこちらについて確認させてください。

この管理ファイルレプリケーションはDDboostと連携するバックアップアプリケーションやデータベース側にてレプリケーションの設定をしていると認識しておりますが異なるでしょうか。

※MtreeやディレクトリレプリケーションのようにDD筐体側にて設定が必要なのでしょうか。

また管理ファイルレプリケーションにて複数のDDにデータを保存している場合、

例えばDD1 -> DD2へのレプリケーションが行われているのでしょうか(つまりDD1から重複排除されたデータのみがDD2に送付される。)。

それともDDBoost対応のソフトからDD1とDD2にそれぞれ個別にデータを保存するのでしょうか。

ラベル(1)
0 件の賞賛
1 件の受理された解決策

受理された解決策
モデレーター
モデレーター

Re: 【Data Domain】管理ファイルレプリケーションについて

解決策を見る

Keis3456 さん

管理ファイルレプリケーションとはManaged file replicationのことですよね。

 

この管理ファイルレプリケーションはDDboostと連携するバックアップアプリケーションやデータベース側にてレプリケーションの設定をしていると認識しておりますが異なるでしょうか。

※MtreeやディレクトリレプリケーションのようにDD筐体側にて設定が必要なのでしょうか。

→Managed File ReplicationではDD Boost will build and tear down contexts as needed on the fly.とあるようにDD筐体での

設定は必要ないです。DD Boostによって設定され、バックアップソフトの命令によってReplicationがDD筐体間で行われるものです。

参考:アドミンガイド 

Page430

Managed file replication, which is used by DD Boost, is a type of replication that ismanaged and controlled by backup software.With managed file replication, backup images are directly transferred from one DDsystem to another, one at a time, at the request of the backup software.

 

また管理ファイルレプリケーションにて複数のDDにデータを保存している場合、

例えばDD1 -> DD2へのレプリケーションが行われているのでしょうか(つまりDD1から重複排除されたデータのみがDD2に送付される。)。

→DD1 -> DD2へのレプリケーションになります。

 

参考資料

DDBoost アドミンガイド

 

Page 22

The DD Boost software enables applications to control the Data Domain Replicator software so that copies of data on one Data Domain system can be created on a second Data Domain system using the network-efficient Data Domain replicationtechnology. 

Because backup applications control replication of data between multiple Data Domainsystems, they can provide backup administrators with a single point of managementfor tracking all backups and duplicate copies.

 

元の投稿で解決策を見る

2件の返信2
モデレーター
モデレーター

Re: 【Data Domain】管理ファイルレプリケーションについて

解決策を見る

Keis3456 さん

管理ファイルレプリケーションとはManaged file replicationのことですよね。

 

この管理ファイルレプリケーションはDDboostと連携するバックアップアプリケーションやデータベース側にてレプリケーションの設定をしていると認識しておりますが異なるでしょうか。

※MtreeやディレクトリレプリケーションのようにDD筐体側にて設定が必要なのでしょうか。

→Managed File ReplicationではDD Boost will build and tear down contexts as needed on the fly.とあるようにDD筐体での

設定は必要ないです。DD Boostによって設定され、バックアップソフトの命令によってReplicationがDD筐体間で行われるものです。

参考:アドミンガイド 

Page430

Managed file replication, which is used by DD Boost, is a type of replication that ismanaged and controlled by backup software.With managed file replication, backup images are directly transferred from one DDsystem to another, one at a time, at the request of the backup software.

 

また管理ファイルレプリケーションにて複数のDDにデータを保存している場合、

例えばDD1 -> DD2へのレプリケーションが行われているのでしょうか(つまりDD1から重複排除されたデータのみがDD2に送付される。)。

→DD1 -> DD2へのレプリケーションになります。

 

参考資料

DDBoost アドミンガイド

 

Page 22

The DD Boost software enables applications to control the Data Domain Replicator software so that copies of data on one Data Domain system can be created on a second Data Domain system using the network-efficient Data Domain replicationtechnology. 

Because backup applications control replication of data between multiple Data Domainsystems, they can provide backup administrators with a single point of managementfor tracking all backups and duplicate copies.

 

元の投稿で解決策を見る

keis3456
3 Cadmium

Re: 【Data Domain】管理ファイルレプリケーションについて

解決策を見る

ありがとうございます。了解いたしました

0 件の賞賛