james113
3 Argentum

DataDomainのMIBファイルに存在しないOID

DataDomainのsnmpdが再起動したタイミングで下記OIDのSNMP TrapがDataDomainから発砲され

Manager側で検知しております。

1.3.6.1.6.3.1.1.5.1

こちらはDataDomainのMIBファイルに存しない、一般トラップでcoldStartを示すものですが、DDOSの

再起動は確認されておりません。DDOSはLinuxベースと認識しておりますが、DataDomainのMIBリファレンス

にも存在しない、一般トラップも発砲される仕様となりますでしょうか?

以上、よろしくお願いいたします。

ラベル(1)
0 件の賞賛
1 返信
Hiroki3
4 Germanium

Re: DataDomainのMIBファイルに存在しないOID

J.Wawrinka さん

Data Doamin は、Data Doamin の MIB 以外に、標準 MIB-Ⅱをサポートします。また、Data Domain は SNMP v2c と v3 を使って、SNMP trap を送信しますので、これにより、OID: 1.3.6.1.6.3.1.1.5.1 が送られたものと思われます。

以下は、ドキュメント「EMC Data Domain Operating System 5.7 管理ガイド」99ページの項「SNMP 管理」よりの抜粋です。

SNMP を使用して Data Domain システムを監視するには、SNMP Management システムに

Data Domain MIB をインストールする必要があります。 DD OS は標準 MIB-II にも対応して

いるため、ネットワーク統計などの一般データの MIB-II 統計のクエリーにも対応していま

す。 使用可能なデータを完全にカバーするには、Data Domain MIB と標準 MIB-II MIB を両

方活用する必要があります。

(中略)

Data Domain システムでは、SNMP v2c および SNMP v3 を使用して、アラート メッセージで

ある SNMP トラップを送信できます。SNMP v1 トラップはサポートされていないため、SNMP

v2c または v3 を使用することをお勧めします。

0 件の賞賛