ktachimoto
3 Cadmium

IDPA DP4400のハードウエアログ(TSRログ)の採取方法

解決策を見る
IDPA DP4400のハードウエアログ(TSRログ)の採取はどうやるのでしょうか?
タグ(2)
0 件の賞賛
1 件の受理された解決策

受理された解決策
Highlighted
ktachimoto
3 Cadmium

Re: IDPA DP4400のハードウエアログ(TSRログ)の採取方法

解決策を見る

DP4400はDell PowerEdgeサーバを使用しておりますので、ハードウエアの
チェック・調査ではテクニカルサポートレポート(TSRログ)の採取が必要に
なります。

採取方法はGUI/CLIの2通りの方法がありますので、以下ご紹介します。

■手順概要

1.iDRACにWebブラウザでアクセスし、GUIで採取する方法
2.ACMにsshでログインし、CLIで採取する方法


■手順詳細1: iDRACにWebブラウザでアクセスし、GUIで採取する方法

※DD3300やVxRail[14G]などと同じ方法になります。

1.Webブラウザで [https://iDRACのIPアドレス] にアクセスし、iDRACにrootでログインします

TSR_log_forum01.png

2.上のタブから [メンテナンス] > [SupportAssist] をクリックします

TSR_log_forum02.png

3.[SupportAssist登録] のウィンドウが表示されましたら [キャンセル] → [登録のキャンセル] にて画面を閉じます。

TSR_log_forum03.png

TSR_log_forum04.png

4.[収集の開始] をクリックし、以下表示のようにデフォルトでチェックされている状態で [収集] を押します。

TSR_log_forum05.png

TSR_log_forum06.png


5.ログの収集が完了するまで待ちます。[ジョブキュー] をクリックすると、ジョブID情報が参照出来ます。

TSR_log_forum07.png

6.ログの収集が完了したら、[OK] をクリックするとログがローカルに保存されます。

TSR_log_forum08.png

 


■手順詳細2: ACMにsshでログインし、CLIで採取する方法

・Appliance Configuration Manager (ACM)にrootユーザでsshログイン

・dpacli -host 192.168.100.101 -logs TSR -output TSR_YYYYMMDD を実行しログを作成

・カレントディレクトリにTSRログが作成されます。

 <実行例>
 ACM:~ # dpacli -host 192.168.100.101 -logs TSR -output TSR_20190408
 Collecting logs............
 ACM:~ # ls -lh TSR*
 -rw------- 1 root root 20M Apr 8 01:35 TSR_20190408_192.168.100.101.zip


 なお、CLIではRAIDコントローラ(PERC)のログ採取も可能です。
 サポートから依頼された場合は以下実行例のように -logs PERC にてPERCログを
 採取いただければと思います。

 <実行例>
 ACM:~ # dpacli -host 192.168.100.101 -logs PERC -output PERC_20190408
 Collecting logs............
 ACM:~ # ls -lh PERC*
 -rw------- 1 root root 232K Apr 8 01:49 PERC_20190408_192.168.100.101.tgz

1件の返信1
Highlighted
ktachimoto
3 Cadmium

Re: IDPA DP4400のハードウエアログ(TSRログ)の採取方法

解決策を見る

DP4400はDell PowerEdgeサーバを使用しておりますので、ハードウエアの
チェック・調査ではテクニカルサポートレポート(TSRログ)の採取が必要に
なります。

採取方法はGUI/CLIの2通りの方法がありますので、以下ご紹介します。

■手順概要

1.iDRACにWebブラウザでアクセスし、GUIで採取する方法
2.ACMにsshでログインし、CLIで採取する方法


■手順詳細1: iDRACにWebブラウザでアクセスし、GUIで採取する方法

※DD3300やVxRail[14G]などと同じ方法になります。

1.Webブラウザで [https://iDRACのIPアドレス] にアクセスし、iDRACにrootでログインします

TSR_log_forum01.png

2.上のタブから [メンテナンス] > [SupportAssist] をクリックします

TSR_log_forum02.png

3.[SupportAssist登録] のウィンドウが表示されましたら [キャンセル] → [登録のキャンセル] にて画面を閉じます。

TSR_log_forum03.png

TSR_log_forum04.png

4.[収集の開始] をクリックし、以下表示のようにデフォルトでチェックされている状態で [収集] を押します。

TSR_log_forum05.png

TSR_log_forum06.png


5.ログの収集が完了するまで待ちます。[ジョブキュー] をクリックすると、ジョブID情報が参照出来ます。

TSR_log_forum07.png

6.ログの収集が完了したら、[OK] をクリックするとログがローカルに保存されます。

TSR_log_forum08.png

 


■手順詳細2: ACMにsshでログインし、CLIで採取する方法

・Appliance Configuration Manager (ACM)にrootユーザでsshログイン

・dpacli -host 192.168.100.101 -logs TSR -output TSR_YYYYMMDD を実行しログを作成

・カレントディレクトリにTSRログが作成されます。

 <実行例>
 ACM:~ # dpacli -host 192.168.100.101 -logs TSR -output TSR_20190408
 Collecting logs............
 ACM:~ # ls -lh TSR*
 -rw------- 1 root root 20M Apr 8 01:35 TSR_20190408_192.168.100.101.zip


 なお、CLIではRAIDコントローラ(PERC)のログ採取も可能です。
 サポートから依頼された場合は以下実行例のように -logs PERC にてPERCログを
 採取いただければと思います。

 <実行例>
 ACM:~ # dpacli -host 192.168.100.101 -logs PERC -output PERC_20190408
 Collecting logs............
 ACM:~ # ls -lh PERC*
 -rw------- 1 root root 232K Apr 8 01:49 PERC_20190408_192.168.100.101.tgz