tanboi_3
4 Beryllium

IsilonのCloud Pool使用時のアクセスについて

ソリューションへジャンプ

いつもお世話になっております。

IsilonのCloud Poolについてご質問させてください。
Cloud Poolではクラウドに送られたファイルはIsilon上ではスタブファイルとして
存在していて、スタブファイルを経由してクラウドにあるデータにアクセスする仕組みだと思います。
よって、元のスタブファイルが壊れたりIsilonが全損したりするとクラウドにあるデータに
アクセスできなくなる認識です。

・この時スタブファイルをを含むデータを事前にファイルバックアップを取っておき、
そのバックアップからIsilonにスタブファイルを戻した場合、スタブファイルからクラウドにある
データに正常にアクセスできますでしょうか?

・また上記と同じ理屈かもしれませんが、Isilon(本番)でCloud Poolを使用しつつ、
Isilon(DR)へレプリケーションを構成している場合、
DR先にファイルオーバーしたときでもDR先のスタブファイルからクラウドのデータに
アクセス可能でしょうか?

以上、よろしくお願いいたします。

0 件の賞賛
2 解決策

受理された解決策
ayas
MOD
MOD

Re: IsilonのCloud Pool使用時のアクセスについて

ソリューションへジャンプ

tanboi_3さん


・この時スタブファイルをを含むデータを事前にファイルバックアップを取っておき、そのバックアップからIsilonにスタブファイルを戻した場合、スタブファイルからクラウドにある
データに正常にアクセスできますでしょうか?
→スタブファイルのみをバックアップしても元のファイルを識別することはできません。

・また上記と同じ理屈かもしれませんが、Isilon(本番)でCloud Poolを使用しつつ、
Isilon(DR)へレプリケーションを構成している場合、
DR先にファイルオーバーしたときでもDR先のスタブファイルからクラウドのデータにアクセス可能でしょうか?
→SyncIQではCloudPool使用でもReplicationが可能です。
またDR先のスタブファイルからクラウドのデータへのアクセスも可能です。(DR側のOneFSなどの条件あり)

 

(SyncIQの設定によりスタブファイルとデータそのものをReplicationすることも可能)*Deep Copy (後述資料参照)

参照:PowerScale OneFS CloudPools Administration Guide
page 41 
SyncIQ deep copy 
You can create a SyncIQ policy that replicates full files rather than SmartLink files when copying data from the primary (source) cluster to a secondary (target) cluster. When you create a SyncIQ policy, you can modify the Deep Copy for CloudPools setting. The default setting is Deny, which means that, during a SyncIQ operation, SmartLink files are replicated to the target cluster. Alternatively, you can select either the Allow or Force option for deep copy.
● Allow replicates SmartLink files to the target cluster, unless there is a SmartLink version mismatch. In that case, SyncIQ retrieves the full file data from the cloud and then replicates the data. 
● Force retrieves and copies full file data from the cloud for all SmartLink files in the SyncIQ policy. This option replicates the full files to the target cluster.

元の投稿で解決策を見る

ayas
MOD
MOD

Re: IsilonのCloud Pool使用時のアクセスについて

ソリューションへジャンプ

tanboi_3さん

ご返信をありがとうございます。

 

まず最初の私の回答ですが訂正があるので再度回答させてください。

 

 

・この時スタブファイルをを含むデータを事前にファイルバックアップを取っておき、そのバックアップからIsilonにスタブファイルを戻した場合、スタブファイルからクラウドにあるデータに正常にアクセスできますでしょうか?

 

 

→スタブファイルはユーザーやアプリケーション側では透過的なので(スタブファイルであるということを認識しない)ので「スタブファイルのバックアップ」はそれがスタブファイルと認識できない限りバックアップはできません。しかしスタブファイルにアクセスしてバックアップを取れば通常のバックアップと同様、バックアップされたデータへのアクセスは可能になります。

 

先にお伝えしたSyncIQでなければスタブファイルであることを認識できないので最初の回答である「スタブファイルのみをバックアップしても元のファイルを識別することはできません。」は正しい言い方ではありませんでした。ごめんなさい。

 

 

上記から追加の質問への回答は以下になります。(重複してしまいますが)

 

スタブファイルをファイルバックアップすれば、大元(クラウドにあるファイル)のファイルもバックアップされるものなのでしょうか?

 

スタブファイルはユーザーやアプリケーション側では透過的なので(スタブファイルであるということを認識しないということ)

バックアップを取ることはできません。しかしスタブファイルにアクセスされバックアップされたデータはアクセス可能です。

なおスタブファイルをスタブファイルとして認識できるのは先に挙げたSyncIQなのでその場合はスタブファイルのみをバックアップ可能です。

元の投稿で解決策を見る

4 返答(返信)
ayas
MOD
MOD

Re: IsilonのCloud Pool使用時のアクセスについて

ソリューションへジャンプ

tanboi_3さん


・この時スタブファイルをを含むデータを事前にファイルバックアップを取っておき、そのバックアップからIsilonにスタブファイルを戻した場合、スタブファイルからクラウドにある
データに正常にアクセスできますでしょうか?
→スタブファイルのみをバックアップしても元のファイルを識別することはできません。

・また上記と同じ理屈かもしれませんが、Isilon(本番)でCloud Poolを使用しつつ、
Isilon(DR)へレプリケーションを構成している場合、
DR先にファイルオーバーしたときでもDR先のスタブファイルからクラウドのデータにアクセス可能でしょうか?
→SyncIQではCloudPool使用でもReplicationが可能です。
またDR先のスタブファイルからクラウドのデータへのアクセスも可能です。(DR側のOneFSなどの条件あり)

 

(SyncIQの設定によりスタブファイルとデータそのものをReplicationすることも可能)*Deep Copy (後述資料参照)

参照:PowerScale OneFS CloudPools Administration Guide
page 41 
SyncIQ deep copy 
You can create a SyncIQ policy that replicates full files rather than SmartLink files when copying data from the primary (source) cluster to a secondary (target) cluster. When you create a SyncIQ policy, you can modify the Deep Copy for CloudPools setting. The default setting is Deny, which means that, during a SyncIQ operation, SmartLink files are replicated to the target cluster. Alternatively, you can select either the Allow or Force option for deep copy.
● Allow replicates SmartLink files to the target cluster, unless there is a SmartLink version mismatch. In that case, SyncIQ retrieves the full file data from the cloud and then replicates the data. 
● Force retrieves and copies full file data from the cloud for all SmartLink files in the SyncIQ policy. This option replicates the full files to the target cluster.

元の投稿で解決策を見る

tanboi_3
4 Beryllium

Re: IsilonのCloud Pool使用時のアクセスについて

ソリューションへジャンプ

ayasさん

ありがとうございます。すいません、1点以下についてご質問させてください。
>スタブファイルのみをバックアップしても元のファイルを識別することはできません。

のところですが、スタブファイルをファイルバックアップすれば、
大元(クラウドにあるファイル)のファイルもバックアップされるものなのでしょうか?
もしされないのであれば、クラウドにおいたファイルはバックアップソフトでは
バックアップできない、という形になるのでしょうか。(スタブファイルだけでは戻せないため)

以上、よろしくお願いします。

0 件の賞賛
ayas
MOD
MOD

Re: IsilonのCloud Pool使用時のアクセスについて

ソリューションへジャンプ

tanboi_3さん

ご返信をありがとうございます。

 

まず最初の私の回答ですが訂正があるので再度回答させてください。

 

 

・この時スタブファイルをを含むデータを事前にファイルバックアップを取っておき、そのバックアップからIsilonにスタブファイルを戻した場合、スタブファイルからクラウドにあるデータに正常にアクセスできますでしょうか?

 

 

→スタブファイルはユーザーやアプリケーション側では透過的なので(スタブファイルであるということを認識しない)ので「スタブファイルのバックアップ」はそれがスタブファイルと認識できない限りバックアップはできません。しかしスタブファイルにアクセスしてバックアップを取れば通常のバックアップと同様、バックアップされたデータへのアクセスは可能になります。

 

先にお伝えしたSyncIQでなければスタブファイルであることを認識できないので最初の回答である「スタブファイルのみをバックアップしても元のファイルを識別することはできません。」は正しい言い方ではありませんでした。ごめんなさい。

 

 

上記から追加の質問への回答は以下になります。(重複してしまいますが)

 

スタブファイルをファイルバックアップすれば、大元(クラウドにあるファイル)のファイルもバックアップされるものなのでしょうか?

 

スタブファイルはユーザーやアプリケーション側では透過的なので(スタブファイルであるということを認識しないということ)

バックアップを取ることはできません。しかしスタブファイルにアクセスされバックアップされたデータはアクセス可能です。

なおスタブファイルをスタブファイルとして認識できるのは先に挙げたSyncIQなのでその場合はスタブファイルのみをバックアップ可能です。

元の投稿で解決策を見る

tanboi_3
4 Beryllium

Re: IsilonのCloud Pool使用時のアクセスについて

ソリューションへジャンプ

ayasさん

詳しくご説明ありがとうございます。
理解できました。

0 件の賞賛