GTO_lab0601
2 Bronze

IsilonのSMB有効、無効化について

ソリューションへジャンプ

お世話になっております。

IsilonのSMBについて質問させて下さい。

現在Isilon H500 OneFS8.2.2を使用しております。

 

SMBの有効化、無効化について調べており、GUIやCLIでサービスの有効、無効化が出来る事はドキュメントから確認できたのですが、SMBのバージョンごとに有効、無効化する事は可能でしょうか?
また、IsilonはSMBv1、SMBv2、SMBv3をサポートしている認識ですが、# isi smb settings global view でSMBのグローバルのデフォルト設定を確認すると、SMBv2とSMBv3(SMB Multichannel)についての出力はありますがSMBv1は無いように見えます。(添付画像はシュミレータのためOneFS 9.0.0 となります)

これはSMBv1は別のコマンドで確認ができるということでしょうか?

 

Isilon_SMB.JPG

0 件の賞賛
1 解決策

受理された解決策
Uehara Y.
モデレーター
モデレーター

Re: IsilonのSMB有効、無効化について

ソリューションへジャンプ

GTO_lab0601さん

 

SMBv1は別のコマンドでの確認が必要です。
具体的には
#  isi_gconfig registry.Services.lwio.Parameters.Drivers.srv.SupportSmb1
を実行し、「=0」が返ってきたらSMBv1はDisable、「=1」が返ってきたらEnableと判断できます。
(# isi_gconfig | grep SupportSmb1 の実行でも同様に確認することが出来ます)

 

もしも設定を変更する場合には
# isi_gconfig registry.Services.lwio.Parameters.Drivers.srv.SupportSmb1=1(Enableに変更する場合)
もしくは
isi_gconfig registry.Services.lwio.Parameters.Drivers.srv.SupportSmb1=0(Disableに変更する場合)
の実行が必要となります。

 

また、設定変更後その設定を反映させるためには、クラスタ内の「各ノード」でsrvサービスを以下コマンドで再起動する必要があります。
# isi_for_array "/usr/likewise/bin/lwsm restart srv; sleep 20"

srvサービスの再起動時に、クライアントからのSMBの接続が一時的に切断される点にはご注意ください。

 

【参考】
KB55071-Isilon Search 2.0 : Isilon search fails to connect to Isilon cluster due to SMBv1 disabled o...

 


SMBv1以外の設定項目(設定変更可能項目)はスクリーンショットを取って頂いた「isi smb settings global view」コマンド出力の一覧として確認できるものです。
設定変更のために指定するオプションは「isi smb settings global modify」を実行することで一覧表示されます。

詳細についてはIsilon OneFS 8.2.2 CLI Administration Guide P.160からの「Managing SMB settings」セクションをご参照ください。

元の投稿で解決策を見る

0 件の賞賛
2 返答(返信)
Uehara Y.
モデレーター
モデレーター

Re: IsilonのSMB有効、無効化について

ソリューションへジャンプ

GTO_lab0601さん

 

SMBv1は別のコマンドでの確認が必要です。
具体的には
#  isi_gconfig registry.Services.lwio.Parameters.Drivers.srv.SupportSmb1
を実行し、「=0」が返ってきたらSMBv1はDisable、「=1」が返ってきたらEnableと判断できます。
(# isi_gconfig | grep SupportSmb1 の実行でも同様に確認することが出来ます)

 

もしも設定を変更する場合には
# isi_gconfig registry.Services.lwio.Parameters.Drivers.srv.SupportSmb1=1(Enableに変更する場合)
もしくは
isi_gconfig registry.Services.lwio.Parameters.Drivers.srv.SupportSmb1=0(Disableに変更する場合)
の実行が必要となります。

 

また、設定変更後その設定を反映させるためには、クラスタ内の「各ノード」でsrvサービスを以下コマンドで再起動する必要があります。
# isi_for_array "/usr/likewise/bin/lwsm restart srv; sleep 20"

srvサービスの再起動時に、クライアントからのSMBの接続が一時的に切断される点にはご注意ください。

 

【参考】
KB55071-Isilon Search 2.0 : Isilon search fails to connect to Isilon cluster due to SMBv1 disabled o...

 


SMBv1以外の設定項目(設定変更可能項目)はスクリーンショットを取って頂いた「isi smb settings global view」コマンド出力の一覧として確認できるものです。
設定変更のために指定するオプションは「isi smb settings global modify」を実行することで一覧表示されます。

詳細についてはIsilon OneFS 8.2.2 CLI Administration Guide P.160からの「Managing SMB settings」セクションをご参照ください。

元の投稿で解決策を見る

0 件の賞賛
GTO_lab0601
2 Bronze

Re: IsilonのSMB有効、無効化について

ソリューションへジャンプ

Uehara.Yさん

 

ご回答ありがとうございます。

SMBv1とSMBv1以外の設定項目は確認、変更のコマンドを別なのですね。

先程頂いたコマンドでSMBv1の確認と設定変更をする事が出来ました。ありがとうございました。

0 件の賞賛