mawatarai
4 Beryllium

Isilon SyncIQ Sync中の障害に関して

掲題の件ですが、

https://www.dell.com/community/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B8-%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%8...

 

こちらに記載があるのですが、もう少し詳細にご教授いただきたいのですが、

SyncIQのPolicy内でターゲットホストをSCZone名で指定した場合で、

Connectionを張るのがソースノード1-ターゲットノード2でConnectionを張っていた時に関してですが、

こちらSync中にターゲットノード2が障害でダウンした場合Connectionが切れるかと思いますが、SCZone名で指定している場合、別ノードのIPに自動でConnectionを張りに行き再開することはないのでしょうか?

それともConnectionを張っているノードが落ちた場合はJob Failが確定なのでしょうか。

 

また、Sync中にJobがFailした場合、中途半端なデータがターゲットに残ると思いますが、これは手動でターゲットのSnapshotからリストアしないと中途半端なデータのままなのでしょうか?

VNX?か何かだとRelicationがFailした場合1つ前のReplication用Snapから自動でリストアされたようなきもしなくはないのですが。。。

 

OneFSは8.1.2と8.2を想定しております。

ラベル(1)
0 件の賞賛
1件の返信1
モデレーター
モデレーター

Re: Isilon SyncIQ Sync中の障害に関して

mawatarai さん

 

こちらSync中にターゲットノード2が障害でダウンした場合Connectionが切れるかと思いますが、SCZone名で指定している場合、別ノードのIPに自動でConnectionを張りに行き再開することはないのでしょうか?

⇒SyncIQのPolicy内でターゲットホストをSCZone名で指定しているのであれば、指定されたNode間で転送が行われるはずなのでその中の一つが切れたとしても転送は続きます。(指定されたNodeすべてがダウンしたら転送されないでしょうが)

 

また、Sync中にJobがFailした場合、中途半端なデータがターゲットに残ると思いますが、これは手動でターゲットのSnapshotからリストアしないと中途半端なデータのままなのでしょうか?

⇒SyncIQでは同期が始まった時点でソース側でSnapshotを取り、同期完了後にTarget側でSnapshotを取ります。Fail した場合はおっしゃる通り手動でTarget側のSnapshot(があれば)そこからの再同期が復旧方法になります。

0 件の賞賛