ストレージ コミュニティ

最終の返信 06-21-2022 解決済み
質問を出す
ジンク

PowerPath 6.x for Soalris 11 にてpowermt unmanageコマンド実施について

host(solaris 11)にPowerPathがインストールされており、UnityのLUNを見せておりました。
そのhostに日立のストレージも接続したところ、PowerPathでデバイス認識されてしまいました。
これを削除するために以下のドキュメントを確認しました。
https://dl.dell.com/content/docu56486_powerpath-family-6-x-cli-and-system-messages-reference.pdf?lan...
P129 powermt unmanage
When applied to a storage system class, powermt unmanage succeeds in completely removing
the class from PowerPath control only after you stop applications with open devices of the
specified class. If you cannot stop applications, you may need to reboot the host.
When you remove a storage system class from PowerPath control, custom configurations for that
class (such as policy or mode) are lost with the next reboot or execution of powermt save.

日立ストレージ側に関しては接続はしているものの、VxVM からは DG を deport 状態でマウントもしておらず
format コマンドで LUN が認識されているだけの、未使用状態です。(I/O なし)。つまりアプリケーションは動いていない認識です。
上記の状態では、powermt unmanage実行時にhostの再起動が不要になる認識(アプリが動いていないため)で正しいでしょうか。

手順としては以下を考えていますが、正しいでしょうか。
1. powermt unmanage class=hitachi  ←設定
2. powermt display options     ←設定の確認
3. powermt config          ←deviceの整理
4. powermt save           ←コンフィグのsave
5. powermt display dev=all      ←デバイスが表示されなくなったことの確認

また、上記コマンド実行において、既存のUnity I/Oに瞬断等発生しないでしょうか。

上記の手順であればオンラインで特に影響が発生する認識はないですが、シビアに利用されている環境のため確認しております。

解決策 (1)

受理された解決策
モデレーター
モデレーター

powermt configも影響なく実施できましたでしょうか。

はい。ラボで実行した時は特に影響なく実施出来ました。

 

Dell EMC PowerPath Family Version 7.x CLI and System Messages ReferenceのP.82-84の「powermt config」に関する説明を見ても特に注意事項はありませんし(AIXだと条件によってコマンド実行時にハングすると怖いことが書いてありますが・・・)、[PowerPath]LUN追加時のPowerPathデバイスのオンラインでの再構成についてというスレッドでもSolarisでpowermt configを実行する際に業務影響に関する注意は行ってない上に、Dell EMC PowerMax と VMAX: 無停止移行の ベストプラクティスと運用ガイドという無停止移行のドキュメントにも出てくるコマンドなので、通常状態であれば(=ホストが何らかの問題/障害を持っていない状態であれば)業務影響は出ないと判断できます。

 

元の投稿で解決策を見る

コミュニティ 受理解決策
返答(返信) (6)
モデレーター
モデレーター

haku2さん

 

シビアに利用されている環境であるということなので、実際にはテスト環境における動作確認や、一つ一つ注意深く処理をして頂き少しでも不安な点が出てきた場合にはDell Technologiesの担当者を巻き込むことをお勧めします。

 

という前提を置いた上で、記載して頂いた手順をラボのAIX(Solarisはなかったです・・・)+PowerPath Version 7.0 P 02 (build 6)の環境で実施してみたところ、特に既存環境に影響なくオンラインで実行することが出来ました。

 

また、「powermt unmanage class=hitachi」で以下のようにHitachiのstatus = unmanagedが設定されることも確認できました。

 

        Hitachi       periodic autorestore = on
                      reactive autorestore = on
                      status = unmanaged
       
そのために、想定通り「アプリが動いていない」のであれば、powermt saveコマンドで設定変更が反映されて、ご要望の動作/結果になると考えられます。

 

 

(もしもこのスレッドを見ているかたで同様の処理を行った方がいらっしゃいましたら情報提供をお願いします)

ジンク

Uehara Y.さん 

回答ありがとうございます。

powermt configも影響なく実施できましたでしょうか。

モデレーター
モデレーター

powermt configも影響なく実施できましたでしょうか。

はい。ラボで実行した時は特に影響なく実施出来ました。

 

Dell EMC PowerPath Family Version 7.x CLI and System Messages ReferenceのP.82-84の「powermt config」に関する説明を見ても特に注意事項はありませんし(AIXだと条件によってコマンド実行時にハングすると怖いことが書いてありますが・・・)、[PowerPath]LUN追加時のPowerPathデバイスのオンラインでの再構成についてというスレッドでもSolarisでpowermt configを実行する際に業務影響に関する注意は行ってない上に、Dell EMC PowerMax と VMAX: 無停止移行の ベストプラクティスと運用ガイドという無停止移行のドキュメントにも出てくるコマンドなので、通常状態であれば(=ホストが何らかの問題/障害を持っていない状態であれば)業務影響は出ないと判断できます。

 

コミュニティ 受理解決策

Uehara Yさん

かなり間が空いてしまいましたが、追加で質問させてください。
ようやく操作を実施したのですが、うまくいきませんでした。

root@abcd01# powermt unmanage class=hitachi
Warning: Cannot remove device that is in use: emcpower57a
Warning: Cannot remove device that is in use: emcpower58a
Warning: Cannot remove device that is in use: emcpower64a
Warning: Cannot remove device that is in use: emcpower65a
Warning: Cannot remove device that is in use: emcpower66a
Warning: Cannot remove device that is in use: emcpower67a
Warning: Cannot remove device that is in use: emcpower68a

Warning: management of storage array class hitachi will be fully disabled upon reboot.

root@abcd01# powermt display options
:
Hitachi periodic autorestore = on
reactive autorestore = on
status = unmanage_incomplete

root@abcd01# powermt config
root@abcd01# powermt save

Warning が出たデバイスは、PowerPath(emcpowerデバイス)としては使用していませんが、
OS デバイス(c3t5xxxxxdX)は Veritas VxVM や LocalZone(に割り当てて) が使っています。
そのせいでremoveできないのでしょうか。

現状ではメッセージの通り、OS を再起動しないと管理から外せないように見受けられますが、
この状況で引き続きオンラインのまま管理から外す事は可能でしょうか。

もし再起動が必須なのであれば、単純に再起動するだけでよいのでしょうか。
あるいは再起動前後に何らかのオペレーションが必要でしょうか。

モデレーター
モデレーター

haku2さん

 

Dell EMC PowerPath Family CLI and System Messages Reference 7.xP.121のpowermt unmanageセクションにに以下記載があります。

 

If the class status is unmanage_incomplete, the manage operation must be completed--or the host rebooted--before powermt unmanage succeeds. 

 

これは「powermt unmanageがうまくいかずにunmanage_incompleteになってしまっている場合は、そのコマンドを完了させなくてはならない、もしくはホストをリブートする必要がある」ということを言っているのですが、今回の例だとKB000060805の類似事象で、PowerPath以外のパス管理ソフトウェアがemcpowerデバイスとして認識されてしまっていたデバイスをつかんでいるので「powermt unmanageコマンドを完了させたくても出来ない」という状態(=haku2さんが原因想定されている状態)になっている可能性が高いです。

 

そうなると(出力メッセージにもあるように)リブートをするという選択肢を取る必要が出てくるかと思うのですが、当該ホストはシビアに利用されている環境であるということなので、やはり一度Dell Technologiesの担当者を巻き込んできちんと確認した方がよいのではないでしょうか。
もともとHitachiストレージのLUNはPowerPathのデバイスとして利用されていなかったので、現状を含め近い将来に業務影響が出てくることは考えにくいため、急ぐ必要はないでしょうし。

 

(前述のKBを含め、unmanage_imcomplete状態のものをmanagedに戻そうとする情報はいくつかあるのですが、そのままunmanaged状態に推移させるという情報は見つけることができなかったため、申し訳ないのですが自信のある回答をすることができなかったりします。。)

Uehara Yさん

ホストリブートにて解消しました。

確認ありがとうございました。

トップコントリビューター
最新のソリューション