Highlighted
ryomaro
1 Copper

S4128T-ONのスタック設定について

解決策を見る

ご覧になっていただきありがとうございます。

ナレッジ

[Dell Networking S-Series] Stacking設定手順を参考にし、スタック設定の確認を行っているところです。

https://www.dell.com/support/article/jp/ja/jpbsd1/sln294373/dell-networking-s-series-stacking%E8%A8%...

 

まずこちらの中で質問なのですが、

・3に以下のコマンドより各ユニットにユニットメンバーを設定します。
コマンド:stack-unit 0 renumber

こちらの中にあるスクリーンショットだと

standbyに対し"stack-unit 0 renumber 1"を投入しております。

(スクリーンショットの内容はactiveに投入するものではありませんか?)

activeはどんなパラメータになるのでしょうか?

(もしスクリーンショットの内容がactiveに対してのコマンドであればstandbyのパラメータを

教えてください)

各ユニットとあるのでactive、standbyともに投入しないといけないようですが・・。

 

また現行稼働をしている機器のS4048-ONのconfigを確認したところ以下の行がありました。

stack-unit 1 provision S4048T-ON

こちらはどのような意味があるのでしょうか?

スタック設定には"provision"見当たりません

 

最後に1点ですが、

S4128T-ONのスタックグループ(スタックポート)についてです。

0番ポートから24番ポートまでstack-group4で25番ポートから26番ポートになり

stack-group5が26番ポートから27番ポートになるんで認識に間違いありませんでしょうか?

 

ご存じの方がいらっしゃいましたら、お教え願います。

0 件の賞賛
1 件の受理された解決策

受理された解決策
モデレーター
モデレーター

Re: S4128T-ONのスタック設定について

解決策を見る

ryomaroさん

①各ユニットにユニットメンバーを設定するstack-unit 0 renumberについて

→コマンド『stack-unit renumber』は『The first instance of this value is the stack member unit identifier, from 0 to 7, of theswitch that you want add to the stack.The second instance of this value is the desired new unit identifier number.』なので

Stack-unit 0 renumber 1 =コマンド発行をしているS4820T-2を stack member IDを0から1に変更しているコマンドです。結果として以下になります。

S4820T-1=IDはデフォルトのまま0 

S4820T-2=IDが1に変更

Activeにする手順(=プライオリティ設定のことですよね)はKBの手順4からだと・・

参考にしたコマンドレファレンス:https://www.force10networks.com/CSPortal20/KnowledgeBase/DOCUMENTATION/CLIConfig/FTOS/TCS_CLI_8.4.6....

(Page 1425 )

 

②stack-unit 1 provision S4048T-ONについて

→同様の出力結果の説明をする情報が見つからなかったのでマニュアルからの推察になりますが、S4048T-ONがスタック構成ID1を持っているということではないでしょうか。

https://topics-cdn.dell.com/pdf/networking-s4048t-on_users-guide_en-us.pdf Page 1922 

 ③stack-group4と5について

→マニュアルにあるS4820T(9.6.0.0)のポートグループの規則性をもとにすると、28ポートモデルのS4128T-ONであれば以下で割り振られているのではないでしょうか。(実機もしくは資料をお持ちの方がいらしたら書き込みしてください!)

高速ポートは番号が飛んでいるのでこんな感じかと・・・

stack-group 0 corresponds to ports 0-3

stack-group 1 corresponds to ports 4-7

stack-group 2 corresponds to ports 8-11

stack-group 3 corresponds to ports 12-15

stack-group 4 corresponds to ports 16-19

stack-group 5 corresponds to ports 20-23

stack-group 6 corresponds to ports 24-27

stack-group 7 corresponds to ports 28

stack-group 8 corresponds to ports 32 

 

資料:https://cdn.cnetcontent.com/syndication/mediaserverredirect/ceb01486af5498d9e5ee55c98d0694d2/origina...

28 fixed 10M/100M/1G/10GbE copper BaseT RJ-45 ports

2 fixed 100GbE QSFP28 ports

1件の返信1
モデレーター
モデレーター

Re: S4128T-ONのスタック設定について

解決策を見る

ryomaroさん

①各ユニットにユニットメンバーを設定するstack-unit 0 renumberについて

→コマンド『stack-unit renumber』は『The first instance of this value is the stack member unit identifier, from 0 to 7, of theswitch that you want add to the stack.The second instance of this value is the desired new unit identifier number.』なので

Stack-unit 0 renumber 1 =コマンド発行をしているS4820T-2を stack member IDを0から1に変更しているコマンドです。結果として以下になります。

S4820T-1=IDはデフォルトのまま0 

S4820T-2=IDが1に変更

Activeにする手順(=プライオリティ設定のことですよね)はKBの手順4からだと・・

参考にしたコマンドレファレンス:https://www.force10networks.com/CSPortal20/KnowledgeBase/DOCUMENTATION/CLIConfig/FTOS/TCS_CLI_8.4.6....

(Page 1425 )

 

②stack-unit 1 provision S4048T-ONについて

→同様の出力結果の説明をする情報が見つからなかったのでマニュアルからの推察になりますが、S4048T-ONがスタック構成ID1を持っているということではないでしょうか。

https://topics-cdn.dell.com/pdf/networking-s4048t-on_users-guide_en-us.pdf Page 1922 

 ③stack-group4と5について

→マニュアルにあるS4820T(9.6.0.0)のポートグループの規則性をもとにすると、28ポートモデルのS4128T-ONであれば以下で割り振られているのではないでしょうか。(実機もしくは資料をお持ちの方がいらしたら書き込みしてください!)

高速ポートは番号が飛んでいるのでこんな感じかと・・・

stack-group 0 corresponds to ports 0-3

stack-group 1 corresponds to ports 4-7

stack-group 2 corresponds to ports 8-11

stack-group 3 corresponds to ports 12-15

stack-group 4 corresponds to ports 16-19

stack-group 5 corresponds to ports 20-23

stack-group 6 corresponds to ports 24-27

stack-group 7 corresponds to ports 28

stack-group 8 corresponds to ports 32 

 

資料:https://cdn.cnetcontent.com/syndication/mediaserverredirect/ceb01486af5498d9e5ee55c98d0694d2/origina...

28 fixed 10M/100M/1G/10GbE copper BaseT RJ-45 ports

2 fixed 100GbE QSFP28 ports