Highlighted
8 Krypton

【UNITY】レプリケーションの転送量の確認について

お世話になっております。

UNITY300同士でリモートレプリケーションを構成しております。

CLIにてレプリケーションでどれくらいのデータが転送されたか確認する方法を探しております。

uemcli /prot/rep/session show -detailでは前回の転送速度、平均転送速度が表示されますが転送量はございませんでした。

転送量を確認する方法についてご教示頂きたくお願い申し上げます。

ラベル(2)
0 件の賞賛
1件の返信1
モデレーター
モデレーター

Re: 【UNITY】レプリケーションの転送量の確認について

kajiyamさん

転送量を確認する方法で一番よさそうなのはレプリケーションが始まった際にuemcli /prot/rep/session show -detailの出力における「Sync transfer size remaining」を確認することだと思いますが、これをレプリケーション完了後に確認する方法はちょっとなさそうです・・・

綺麗な方法ではないのですが、出力におけるAverage transfer rateにレプリケーションにかかったおおよその時間をかけることによってある程度の容量の想定をする、もしくは「uemcli /stor/config/pool/sr show -detail」コマンドでレプリケーション対象のファイルシステム等に紐づいているTotal pool snapshot space usedの値から想定する(※)などの方法によって、ある程度の大きさは把握できると思います。

※レプリケーション以外に当該ファイルシステム等にスナップショットが作成されていないという前提の元、レプリケーション完了直後であればこの値がほぼレプリケーションされた容量と同じになるはずですし、レプリケーション開始直前であるとこの値の約半分などと想定出来るかもしれません(使用量の増加が一定という仮定の元)。

0 件の賞賛