Highlighted
multicam
1 Copper

Unisphere CLI 証明書の期限について

解決策を見る

Unisphere CLIをインストールしたRHEL7より、
各種コマンド(以下例ではsession show)を実行したところ、
「初回に1回のみ」証明書をどうするか確認が発生しました。

----------------------------------------
# /usr/bin/uemcli -d x.x.x.x -u yyy -p zzz /prot/rep/session -name SESSION_NAME show
Storage system address: x.x.x.x
Storage system port: 443
HTTPS connection

Remote certificate:
Issuer: CN=UnityHostName
Subject: CN=UnityHostName
Valid from: 2019-08-10 07:15:19 Z
Valid to: 2022-08-09 07:15:19 Z
Serial: xxxxxxxxxxxxxxxxxx
Id: xxxxxxxxxx
Would you like to:
[1] Accept the certificate for this session
[2] Reject the certificate
[3] Accept and store
Please input your selection (The default selection is [1]): 3
1: ID = xxx
Name = SESSION_NAME
※以下省略※以下省略※以下省略※

#
----------------------------------------

(1)
「Valid to: 2022-08-09 07:15:19 Z」は、何の期限になりますか。
この日時を越えた場合、何か実施する必要がありますか。

(2)
この機能(?)を無視化できますか。
(JP1等のジョブにて実行する)BashScriptにより、各コマンドを実行したいのですが、
「Valid to: 2022-08-09 07:15:19 Z」を越えた初回実行時に、再度"3"の入力が必要となると、
ある日突然ジョブが無限待ちになってしまう恐れがあるのかと...

 

ラベル(1)
0 件の賞賛
1 件の受理された解決策

受理された解決策
multicam
1 Copper

Re: Unisphere CLI 証明書の期限について

解決策を見る

ayasさん

なるほど承知しました。
これで"認証切れ"を恐れずに済みます。
迅速コメント有難うございます。

0 件の賞賛
3件の返信3
multicam
1 Copper

Re: Unisphere CLI 証明書の期限について

解決策を見る

過去経緯やマニュアルを確認して、
初期構築時に「setlevel.sh medium」を実行していたと判明しました。

「setlevel.sh low」を再度実行することで、
認証が不要になるかと思うのですが、どなたか有識ある方はいらっしゃいませんか。

 

0 件の賞賛
モデレーター
モデレーター

Re: Unisphere CLI 証明書の期限について

解決策を見る

multicamさん

 

おっしゃる通りsetlevel.sh lowで The certificate verification process will not be used to access the array.(聞かれない)になります。

引用

https://support.emc.com/docu69330_Unisphere-CLI-User-Guide.pdf?language=en_US Page20

 

 

0 件の賞賛
multicam
1 Copper

Re: Unisphere CLI 証明書の期限について

解決策を見る

ayasさん

なるほど承知しました。
これで"認証切れ"を恐れずに済みます。
迅速コメント有難うございます。

0 件の賞賛