Highlighted

Unisphere for VMAXを利用したパフォーマンス情報の取得方法について

解決策を見る

VMAXを利用しているのですが、パフォーマンス情報を取得したいと考えております。

Unisphere for VMAXを導入後、以下の情報を取得したいのですが、

手順などありましたら教えてください。

==================

>> データスループット

>> リクエスト数

>> コントローラー CPU 使用率

==================

どうぞよろしくお願いいたします。

0 件の賞賛
1 件の受理された解決策

受理された解決策

Re: Unisphere for VMAXを利用したパフォーマンス情報の取得方法について

解決策を見る

Unisphere for PowerMax/VMAXで、パフォーマンスデータを取得するには、まずUnisphereにVMAXまたはPowerMaxを登録する(Registration)必要があります。

Unisphereの画面 Performance > Settings > System Registration画面から、パフォーマンスデータを収集したいVMAXやPowerMaxを選択して、Registrationしてください。

無題.png

登録が完了していれば、画面 Performance > Monitor > Charts画面で、各コンポーネント毎のMetrics(指標)の、パフォーマンスデータをグラフ化したり、グラフ化したデータをCSVファイルに変換することが可能です。

無題.png

>> データスループット

→ Array単位でも、各コンポーネント単位(DirectorやPort、Storage Groupなど)でも、パフォーマンスデータを収集しています。

Metricsとしては、Host MBs/secが該当すると思います。ReadやWrite別もあります。


>> リクエスト数

→ これはIO数の事と考えると、Host IOs/secが該当すると思います。こちらも、各コンポーネント毎に、ReadやWrite別に収集しています。


>> コントローラー CPU 使用率

→ こちらは、%Busyが該当します。各コンポーネント(FE DirectorやBE Director、Diskなど)毎に、収集しています。

Schedule Report機能もありますので、毎日24時間おきにCSVファイルとして、パフォーマンスデータをExportすることも可能です。

1件の返信1

Re: Unisphere for VMAXを利用したパフォーマンス情報の取得方法について

解決策を見る

Unisphere for PowerMax/VMAXで、パフォーマンスデータを取得するには、まずUnisphereにVMAXまたはPowerMaxを登録する(Registration)必要があります。

Unisphereの画面 Performance > Settings > System Registration画面から、パフォーマンスデータを収集したいVMAXやPowerMaxを選択して、Registrationしてください。

無題.png

登録が完了していれば、画面 Performance > Monitor > Charts画面で、各コンポーネント毎のMetrics(指標)の、パフォーマンスデータをグラフ化したり、グラフ化したデータをCSVファイルに変換することが可能です。

無題.png

>> データスループット

→ Array単位でも、各コンポーネント単位(DirectorやPort、Storage Groupなど)でも、パフォーマンスデータを収集しています。

Metricsとしては、Host MBs/secが該当すると思います。ReadやWrite別もあります。


>> リクエスト数

→ これはIO数の事と考えると、Host IOs/secが該当すると思います。こちらも、各コンポーネント毎に、ReadやWrite別に収集しています。


>> コントローラー CPU 使用率

→ こちらは、%Busyが該当します。各コンポーネント(FE DirectorやBE Director、Diskなど)毎に、収集しています。

Schedule Report機能もありますので、毎日24時間おきにCSVファイルとして、パフォーマンスデータをExportすることも可能です。