Goripon
3 Argentium

【Unisphere for VMAX】VMAX3にTDEV作成時の想定外挙動

解決策を見る

皆さんこんにちは、Goriponです。


主題の件について教えてください。

以下の環境において、 担当してますお客様が自身でTDEVをUFVから作成したのですが、
その際にイレギュラーなステータスとなりました。

Product:VMAX3
M/C Code:5977
UFV Version:v8.4

【経緯】
添付図のリスト一番下のTDEV作成時に右欄のReservedステータスが"Yes"となってしまい、
意図したSGに構成する事ができない事象となります。

この事象自体、Reservedから手動でRemoveする事によって、意図した構成に組み込むことができ、
作業自体は完了しました。

色々とヒアリングしたのですが、この添付図事象に至るまでに作成/削除を何回か繰り返したとの事です。
しかしながら、正確なオペレーションは遡及することができず、何を操作したのかがわからずじまいです。

【質問】

オペレーションが不明瞭なため、原因特定は到底たどりつきそうにないのですが、
この"Reserved"ステータスは意図してそうする場合以外、どのようなオペレーションを 行うと発生するのかを教えて下さい。


そもそもこの"Reserved"はどのような目的で存在するのかを教えて下さい。 漠然とした質問で恐縮ですが、よろしくお願い致します。

Goripon

0 件の賞賛
1 件の受理された解決策

受理された解決策
Highlighted
Goripon
3 Argentium

Re: 【Unisphere for VMAX】VMAX3にTDEV作成時の想定外挙動

解決策を見る

 

Atsushi.Sasakiさん

 

ご回答ありがとうございます。

Device作成時毎にロックはかかるものなのですね。

 

UFVの画面を処理中に閉じた可能性、タスクキャンセルを実施した

可能性については、頂いた内容の説明とともに聞いてみたいと思います。

ありがとうございました。

 

Goripon

 

0 件の賞賛
2件の返信2

Re: 【Unisphere for VMAX】VMAX3にTDEV作成時の想定外挙動

解決策を見る

まずご質問②から、回答させていただきます。

Reserved Deviceの機能ですが、この機能は構成変更作業時に、別のオペレーションで、予期せずそのDeviceを利用されないよう、ロックする機能です。

Reserved IDを付与して、そのIDを利用しなければ、構成変更作業などのオペレーションが、出来ないようになります。

上記の機能を踏まえて、ご質問①の回答としては、おそらくU4Vを利用して、構成変更作業をされている途中で、U4Vの画面を閉じたり、何らかの原因で操作中のタスクがキャンセルされたりなど、発生しなかったでしょうか。

例えば、U4VではStorage Groupを作成する際、同時に新規のThin Deviceを作成することが可能です。その場合、全ての入力が完了した時点で、【RUN NOW】を選択されると、下記のようなフローになります。

1.Deviceの作成。この時、Reserved IDが付与され、該当のDeviceが予期しないオペレーションができないようロック

2.Storage Groupを作成

3.Storage GroupにDeviceを登録

4.DeviceのReserveをRelease

この途中で、何らかの事由により、プロセスが未完になると、DeviceのReleaseが出来ず、残ってしまう可能性があります。

もし、上述したような事象も発生しておらず、さらにReserved Device Manageを、明示的に指定していないにもかかわらず、DeviceがReservedされるようなケースが再発した場合は、Dell EMCサービス部門にご連絡いただき、調査依頼されることお勧めします。

0 件の賞賛
Highlighted
Goripon
3 Argentium

Re: 【Unisphere for VMAX】VMAX3にTDEV作成時の想定外挙動

解決策を見る

 

Atsushi.Sasakiさん

 

ご回答ありがとうございます。

Device作成時毎にロックはかかるものなのですね。

 

UFVの画面を処理中に閉じた可能性、タスクキャンセルを実施した

可能性については、頂いた内容の説明とともに聞いてみたいと思います。

ありがとうございました。

 

Goripon

 

0 件の賞賛