Unityのレプリケーションの補足事項について

Unityのレプリケーションに関して教えてください。


以下のドキュメント中に、レプリケーションの補足事項として以下の記載がありました。


ドキュメント:

Unity Native Asynchronous Replication Presentation.pptx


補足事項:


「ローカル接続の場合、接続は事前に作成」


上記の補足事項は、もう少し具体的に表すと、どのようなこと示しているか分かりますでしょうか?

レプリケーション用のCLIに関連する制限か何かでしょうか??

ラベル(1)
タグ(1)
0 件の賞賛
2件の返信2
モデレーター
モデレーター

Re: Unityのレプリケーションの補足事項について

taniraさん

この記述は、ローカル接続の場合、接続は事前に作成「されているために作成不要」ということを表しています。

リモート接続の場合には、レプリケーションインターフェイスをシステムに作成後、

  • レプリケーション接続の確立
  • レプリケーションセッションの作成

というような対応を行う必要が出てくるのですが、ローカル接続の場合には既存で内部ネットワークに「レプリケーション接続の確立」が出来ているために、「レプリケーションセッションの作成」から開始出来るということが書かれているとご理解ください。

【参考】DELL EMC UNITY:REPLICATION TECHNOLOGIES A Detailed ReviewのP.27にある以下の部分が該当します

CONFIGURING REPLICATION

When configuring remote asynchronous replication, the following components need to be configured and were previously discussed in the paper:

1. Replication Interfaces

2. A Replication Connection

3. A Replication Session

Note: When configuring local replication between Pools on a system, Replication Interfaces and a Replication Connection do not need to be configured on the system.

0 件の賞賛

Re: Unityのレプリケーションの補足事項について

Ueharaさん

リプライありがとうございます。

事前に作成が不要という意味だったのですね。

すっきりしました。

ありがとうございましsた。

0 件の賞賛