UnityのWindows接続について②

解決策を見る

UnityのWindowsサーバ接続でWindowsサーバ側で必要な設定を整理しています。

以前、docu5134_Host-Connectivity-Guide-for-Windows.pdf をご紹介して頂き

確認をしておりました。これとは別に docu69325_FC(ファイバー-チャネル)

またはiSCSIストレージにアクセスするようにホストを構成するUnityシリーズ.pdf

を見つけたので、こちらも確認をしております。

 

P19ページにマルチパス時のレジストリ設定について記載があります。

この記載で質問がございます。

以下の認識なのですが、合っていますでしょうか。

 

#MPIOのみなのか、PowerPathのみなのか、MPIO、PowerPathで共通なのか、

#ちょっと紛らわしい感じがしたので、質問をさせて頂いた次第です。

 

<Windows MPIOの場合>

MaxRequestHoldTime 60 → 600(十進)

 

<PowerPathの場合>

LinkDownTime              600

AsyncLogoutPauseTimeout        600

DelayBetweenReconnectPortalRetryCount 600

SrbTimeoutDelta             100

返信
1 件の受理された解決策

受理された解決策
Highlighted
モデレーター
モデレーター

Re: UnityのWindows接続について②

解決策を見る

todehi daneyoさん

 

(この部分の記載は本当に読み取りにくいんです。。)

 

記載して頂いたレジストリ項目はiSCSIを利用した場合に変更することを推奨しているもの(FC接続の場合は不要)であり、Windows MPIOを利用していも、PowerPathを利用していても

 

MaxRequestHoldTime
LinkDownTime
AsyncLogoutPauseTimeout
DelayBetweenReconnect(PortalRetryCount)

 

の設定をすることをお勧めします。

その上で、PowerPathをご利用して頂いている場合にはSrbTimeoutDeltaの設定もしてください。

 

 

参考1:VNXe3200/Unity:WindowsでのiSCSI LUN向けMPIOの構成(000335945)
参考2:Unity iscsi接続時のレジストリ値に関して

元の投稿で解決策を見る

返信
2件の返信2
Highlighted
モデレーター
モデレーター

Re: UnityのWindows接続について②

解決策を見る

todehi daneyoさん

 

(この部分の記載は本当に読み取りにくいんです。。)

 

記載して頂いたレジストリ項目はiSCSIを利用した場合に変更することを推奨しているもの(FC接続の場合は不要)であり、Windows MPIOを利用していも、PowerPathを利用していても

 

MaxRequestHoldTime
LinkDownTime
AsyncLogoutPauseTimeout
DelayBetweenReconnect(PortalRetryCount)

 

の設定をすることをお勧めします。

その上で、PowerPathをご利用して頂いている場合にはSrbTimeoutDeltaの設定もしてください。

 

 

参考1:VNXe3200/Unity:WindowsでのiSCSI LUN向けMPIOの構成(000335945)
参考2:Unity iscsi接続時のレジストリ値に関して

元の投稿で解決策を見る

返信
Highlighted

Re: UnityのWindows接続について②

解決策を見る

ご回答ありがとうございます。

下記の通り設定をしたいと思います。

返信