Highlighted
3 Argentium

Unity XT380 CIFS領域のバックアップ

解決策を見る

現行VNXではCIFSサーバ1台に業務用とバックアップ用のIPアドレスを分けています。
UnityではCIFSサーバに複数のIPは持たせられない認識でよろしいでしょうか。
「バックアップおよびテスト用のインターフェース」を追加できましたが、こちらはNFSのみの認識です。

例えば、CIFSプロトコルのみで想定していた場合、
業務用ネットワークでバックアップも取得する構成しかできない認識でよろしいでしょうか。

以下、Communityの投稿はNFSプロトコルのため、複数のIPを持たせられている認識でいます。
https://www.dell.com/community/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B8-%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%8...

0 件の賞賛
1 件の受理された解決策

受理された解決策
Highlighted
モデレーター
モデレーター

Re: Unity XT380 CIFS領域のバックアップ

解決策を見る

Hiro_319さん

おっしゃる通り、一つのNASサーバに2つのインターフェースを設定すれば異なるIPアドレスを振り分けることができます。なおUnity のDynamic DNS update機能がNASサーバが持つインターフェースすべてがDNSに登録されてしまうので

こちらの機能をDisableにし、DNSで不必要なIFを消すという作業をすることになります。(ここがHiro_319さん

の参照されているスレッドで話されている内容になります)しかし以下のスレッドでは具体的にできる方法(=DNSアップデートを止める方法)

があるので参考になると思います。

Unity:NASサーバのDNSへの自動登録

元の投稿で解決策を見る

0 件の賞賛
2件の返信2
Highlighted
3 Argentium

Re: Unity XT380 CIFS領域のバックアップ

解決策を見る

1点勘違いしていたかもしれません。
「バックアップおよびテスト用のIPインターフェース」はNFSのみですが、
「本番IPインターフェース」から正常にバックアップ用途のIPを追加できました。
この際に、DNS動的更新が影響するという話で、最初に投稿したURL内の記事が参考になるのでしょうか。

Hiro_319_0-1589510554537.png

 

0 件の賞賛
Highlighted
モデレーター
モデレーター

Re: Unity XT380 CIFS領域のバックアップ

解決策を見る

Hiro_319さん

おっしゃる通り、一つのNASサーバに2つのインターフェースを設定すれば異なるIPアドレスを振り分けることができます。なおUnity のDynamic DNS update機能がNASサーバが持つインターフェースすべてがDNSに登録されてしまうので

こちらの機能をDisableにし、DNSで不必要なIFを消すという作業をすることになります。(ここがHiro_319さん

の参照されているスレッドで話されている内容になります)しかし以下のスレッドでは具体的にできる方法(=DNSアップデートを止める方法)

があるので参考になると思います。

Unity:NASサーバのDNSへの自動登録

元の投稿で解決策を見る

0 件の賞賛