ストレージ コミュニティ

ベリリウム

UnityXT 階層化機能について

いつもお世話になっております。
Unityの階層化機能(FastVP)について教えていただきたいのですが、


・Unityのデフォルト設定ではまずデータはSSD上に配置されて、
SSDの領域がいっぱいになった時点でHDD上に保存されていく。
そして後はデータへのアクセス頻度などに応じて、SSDのデータが
HDDに移動したり、HDD上のデータがSSDに移動したりする、
という認識で正しいでしょうか?


・例えば、1Pool上に実効2TBのSSDと実行8TBのHDDの
構成があったとします。
そしてこのPoolから2TBのNAS領域を2つ切り出したとします。
(NAS1とNAS2とします)


このときまずNAS1に2TBデータを入れると、Pool上の実効2TBの
SSD上すべてにNAS1のデータが保存されるかと思います。
次にNAS2に2TBデータを入れると、SSD2TBは既にNAS1の
データで占拠しているので、NAS2のデータはすべてHDD上に
保存されるかと思います。
その後、NAS1とNAS2へのアクセスが均等であった場合、
NAS2のデータは基本的にはずっとHDDのままでSSDは少しも
割り当てられない、という理解でよいでしょうか?


・もし上記の場合、Pool上のSSDをNAS1とNAS2にアクセスに
関わらず均等にわりあてるような設定は可能なのでしょうか?


以上、よろしくお願いいたします。

解決策 (1)

受理された解決策
MOD
MOD

tanboi_3さん


・Unityのデフォルト設定ではまずデータはSSD上に配置されて、SSDの領域がいっぱいになった時点でHDD上に保存されていく。そして後はデータへのアクセス頻度などに応じて、SSDのデータがHDDに移動したり、HDD上のデータがSSDに移動したりする、という認識で正しいでしょうか?


⇒FastVPでは256 MBのスライスにストレージリソースを振り分けてTier毎に均等にデータを振り分けていくのが基本的な動きになるのでSSDとHDD混在の環境ではまず最初にSSDが使われてしまう、ということにはなりません。

 

資料:Dell EMC Unity: FAST Technology Overview 

Page8
In a multi-tiered Pool, data from storage resources are spread across the tiers by FAST VP in
256 MB slices. FAST VP monitors the usage of each tier and relocates data slices within the Pool based ondata access levels and capacity.

 

・例えば、1Pool上に実効2TBのSSDと実行8TBのHDDの構成があったとします。そしてこのPoolから2TBのNAS領域を2つ切り出したとします。(NAS1とNAS2とします)このときまずNAS1に2TBデータを入れると、Pool上の実効2TBのSSD上すべてにNAS1のデータが保存されるかと思います。
次にNAS2に2TBデータを入れると、SSD2TBは既にNAS1のデータで占拠しているので、NAS2のデータはすべてHDD上に保存されるかと思います。その後、NAS1とNAS2へのアクセスが均等であった場合、NAS2のデータは基本的にはずっとHDDのままでSSDは少しも割り当てられない、という理解でよいでしょうか?


⇒FAST VPではTiering Policyにてストレージリソースの振り分けを設定しています。選択肢は以下になります。


*Highest Available Tier(Pool内で一番パフォーマンスの良いストレージリソースへ優先的にデータを振り分ける)
*Auto-Tier (データ使用レベルによってシステムにて自動でデータを振り分け)
*Start High then Auto-Tier (Default/Recommended) (推奨設定)
*Lowest Available Tier (パフォーマンスが低いストレージリソースを優先的に使用)
上記からtanboi_3さんの例であれば、パフォーマンスの一番良いスペースがなくなってしまった場合、その次にパフォーマンスの良いストレージリソースへ
データが配置されることになります。(Highest Available Tierの場合)しかしFast VPではRelocationというデータの使用頻度によって配置を変える動きもあるため同じデータがSSDに格納されてしまう、というわけでもないです。

 

参考:Dell EMC Unity: FAST Technology Overview

*Page10  Tiering Policies 
*Page 13  Relocationについて

元の投稿で解決策を見る

コミュニティ 受理解決策
返答(返信) (2)
MOD
MOD

tanboi_3さん


・Unityのデフォルト設定ではまずデータはSSD上に配置されて、SSDの領域がいっぱいになった時点でHDD上に保存されていく。そして後はデータへのアクセス頻度などに応じて、SSDのデータがHDDに移動したり、HDD上のデータがSSDに移動したりする、という認識で正しいでしょうか?


⇒FastVPでは256 MBのスライスにストレージリソースを振り分けてTier毎に均等にデータを振り分けていくのが基本的な動きになるのでSSDとHDD混在の環境ではまず最初にSSDが使われてしまう、ということにはなりません。

 

資料:Dell EMC Unity: FAST Technology Overview 

Page8
In a multi-tiered Pool, data from storage resources are spread across the tiers by FAST VP in
256 MB slices. FAST VP monitors the usage of each tier and relocates data slices within the Pool based ondata access levels and capacity.

 

・例えば、1Pool上に実効2TBのSSDと実行8TBのHDDの構成があったとします。そしてこのPoolから2TBのNAS領域を2つ切り出したとします。(NAS1とNAS2とします)このときまずNAS1に2TBデータを入れると、Pool上の実効2TBのSSD上すべてにNAS1のデータが保存されるかと思います。
次にNAS2に2TBデータを入れると、SSD2TBは既にNAS1のデータで占拠しているので、NAS2のデータはすべてHDD上に保存されるかと思います。その後、NAS1とNAS2へのアクセスが均等であった場合、NAS2のデータは基本的にはずっとHDDのままでSSDは少しも割り当てられない、という理解でよいでしょうか?


⇒FAST VPではTiering Policyにてストレージリソースの振り分けを設定しています。選択肢は以下になります。


*Highest Available Tier(Pool内で一番パフォーマンスの良いストレージリソースへ優先的にデータを振り分ける)
*Auto-Tier (データ使用レベルによってシステムにて自動でデータを振り分け)
*Start High then Auto-Tier (Default/Recommended) (推奨設定)
*Lowest Available Tier (パフォーマンスが低いストレージリソースを優先的に使用)
上記からtanboi_3さんの例であれば、パフォーマンスの一番良いスペースがなくなってしまった場合、その次にパフォーマンスの良いストレージリソースへ
データが配置されることになります。(Highest Available Tierの場合)しかしFast VPではRelocationというデータの使用頻度によって配置を変える動きもあるため同じデータがSSDに格納されてしまう、というわけでもないです。

 

参考:Dell EMC Unity: FAST Technology Overview

*Page10  Tiering Policies 
*Page 13  Relocationについて

コミュニティ 受理解決策

ayasさん

ご解説ありがとうございます。

同じデータがずっと同じ階層にとどまり続けることはなさそうなので安心しました。

トップコントリビューター
最新のソリューション