Highlighted
Taka.I
1 Nickel

VMAX unmapオプションについて

解決策を見る

unmapオプションについて確認させてください。

・付加しなければならないのはどのような作業時か、なぜ必要か。

ummapオプション自体は何に対して動作するものか。

 

MVMVに登録されているSGSGに登録されているTDEVを削除する順で作業を行う場合、

MV削除時のみunmapオプションを付ければよいのでしょうか。

 

MV削除 ※unmapオプション(後続ではunmap必要なし)

SGからTDEV削除

SG削除

PG削除

IG削除

TDEV削除

0 件の賞賛
3 件の返信
モデレーター
モデレーター

Re: VMAX unmapオプションについて

解決策を見る

Taka.Iさん

10数年前の入社時のトレーニングの話ですが、VMAX(当時だとSymmetrixと呼ばれていました)のデバイスにホストからアクセスする場合には、VMAXのFront End Port(FA Port)と、そのPortを利用してアクセスが出来るデバイスのコンビを指定するという、他のDell EMCストレージにはない(1ステップ多い)処理が必要なんだなぁと思った記憶があります、そしてそのFA Portとデバイスの組み合わせのことをMappingと言っていました。

調べてみるとunmapオプションは、このFA Portとデバイスとの間の関係を切り離す(なくす)処理のようです。今回のようにTDEVを削除が目的となっている場合にはそのTDEVがどのFA PortともMappingされていないことが必要となるために処理の中のどこかで必要となります。

「どこかで必要」というあいまいな書き方ですが、一番分かりやすいのはPG削除の時にunmapを行うことだと思います。ただ、コマンドを見ると(※)結構面倒なので、Mapping情報を消したいのであれば、最初のMV削除のところで一気に消してしまえというのがunmapオプションがMV削除時に行える理由と考えられます。

(※) 以下BlogにMV削除時にunmapを利用しなかった場合とした場合の比較が書いてあって面白いです。
https://davidring.ie/2013/12/31/emc-vmax-removable-of-a-tdev/

Taka.I
1 Nickel

Re: VMAX unmapオプションについて

解決策を見る
PG以外でTDEVとFAportが結びついているのでしょうか。mappingはTDEV単位であるのでしょうか。SG単位であるのでしょうか。 背景は、1つのTDEVが2つのSGに登録されていて、それらを削除するときにunmapオプションが必要なタイミングが知りたいためです。
0 件の賞賛
モデレーター
モデレーター

Re: VMAX unmapオプションについて

解決策を見る

Taka.Iさん

Masking View(MV)作成時には事前に作成したStorage Group(SG)、Port Group(PG)、 Initiator Group(IG)を指定するのでイメージが湧きにくいのですが、MVを削除する際にunmapオプションを利用しない場合、「symconfigure -sid xxx -cmd “unmap dev 0234;” COMMIT」というようなコマンド実行(コマンド例は前述のBlogからもってきたのでデバイス番号とかに意味はないです・・)が必要であることから、実際にはmappingはTDEV単位で持っているはずです。