Highlighted
kuromatsu
1 Nickel

VNXのRCA可能なコードについて

KB 528045に以下の記載があります。

「Root Cause Analysis (RCA) requests will be honoured for customer arrays running the current Target code (N) or newer, as well as the previous target code (N-1) as long as the previous target code (N-1) is less than 12 months old.」

previous target code (N-1)のRCA可能な期間について、12ヵ月の基準がありますが、これはcodeがprevious target code(N-1)になってから12ヵ月という解釈でいいのでしょうか。

読み取り方によっては、

・(previous target)codeの当初のリリースから12ヵ月以内 (これではないはず)

・(previous target)codeが以前にTarget Code(N)になってから12ヵ月以内

と基準日のとり方によっては解釈ができそうです。。

 

また、Target code(N)より新しいコードは「Target code (N) or newer」の記載に基づいてRCA可能かと思いますが、Target code(N)とprevious target code (N-1)の間のcodeについては明記されてませんがRCAできるのでしょうか。

previous target code (N-1)をMinimum RCA Code (N-1)と表内で記載しているのでRCA可能かと考えています。

VNX2の例を以下に示します。

05.33.009.5.238 →RCA可 Target Code(N)

05.33.009.5.236 →RCA可/不可どちらなのか?

05.33.009.5.231 →RCA可 Previous Target Code(N-1)

ラベル(1)
0 件の賞賛
1件の返信1
モデレーター
モデレーター

Re: VNXのRCA可能なコードについて

kuromatsuさん

RCA可能な期間はPrevious target code(N-1)になってから12ヵ月です。つまり、Target Code(N)であったものが、どこかのタイミングで新しいコードに抜かれてN-1(Previous target code)となるのですが、その抜かれたタイミングから12ヵ月間です。

また、社内で公開されている情報では明確にNとN-1のコードが定義されており、NとN-1の間にコードはありません。
もしもあるコードにHotfixを適用しているという場合には、RCAの可否判断はそのHotfixが適用されているベースのコードに従います。

0 件の賞賛