Highlighted
yasichi
3 Argentium

VxRailアップグレード時のメンテナンスモード

解決策を見る

VxRailをアップグレードする際に、各ESXiは自動でメンテナンスモードに移行してローリングアップグレードされますが、このときのメンテナンスモードのデータ退避モードは、「他のホストからデータのアクセシビリティを確保」が選択される理解で正しいでしょうか?

また、このデータ退避モードを変更する方法はありますでしょうか?

なお、vSphere Enterprise Plusの想定です。

 

0 件の賞賛
1 件の受理された解決策

受理された解決策
shirano2
1 Copper

Re: VxRailアップグレード時のメンテナンスモード

解決策を見る

お世話になっております。

VxRail Upgrade時のMaintenance Modeの種類はご認識の通り「他のホストからデータのアクセシビリティを確保」で正しいです。

また、Maintenance Mode移行はVxRail Managerから自動で実施されるため、この退避モードを変更することはできません。

元の投稿で解決策を見る

3件の返信3
shirano2
1 Copper

Re: VxRailアップグレード時のメンテナンスモード

解決策を見る

お世話になっております。

VxRail Upgrade時のMaintenance Modeの種類はご認識の通り「他のホストからデータのアクセシビリティを確保」で正しいです。

また、Maintenance Mode移行はVxRail Managerから自動で実施されるため、この退避モードを変更することはできません。

元の投稿で解決策を見る

kwmt
3 Cadmium

Re: VxRailアップグレード時のメンテナンスモード

解決策を見る

今回の質問と若干ずれますが、VxRail・vSAN に限らずホストのローリングアップデートする場合に、
FTT0 の VM (Linked Clone のデフォルトポリシーなど) や、vMotion できない設定の VM (NSX GI など)がいるとローリングアップデートでタイムアウト、
失敗するのでそういった VM はタイミングを見てシャットダウンしてあげる必要があります。

ご参考まで、、、

0 件の賞賛
yasichi
3 Argentium

Re: VxRailアップグレード時のメンテナンスモード

解決策を見る

shirano2さん、kwmtさん

 

ご回答ありがとうございます。

 

0 件の賞賛