4 Tellurium

VxRail7.0.100以降の内部DNSを利用した際の外向けDNS設定のについて

ソリューションへジャンプ

VxRail7.0.100を構築して検証をしています。

このバージョンですと、初期デプロイ時にアプライアンスのDNS設定を外部と内部で選べるかと思います。

内部DNS(VxRail Manager)を使った場合、以前のバージョンではVxRail ManagerとvCenter内のdnsmasqを内部を利用していたため、アプライアンスコンポーネント以外の例えばインターネット接続させるための名前解決については外側のDNSをフォワーダ設定として手軽に設定できたかと思います。

お客様環境のDNS構成変更などあった場合などに柔軟な対応が可能なため、構築に関しては1)、2)の設定を使いたいと考えています。

1)vCenterとVxRail ManagerのVMのセカンダリに外部のDNSを登録する方法

2)dnsmasqのフォワーダ設定に外部のDNSを登録する方法

特にSolveDesktopにはなかった認識なのですが、メーカー的な推奨などあったりしますでしょうか。

もしくは名前解決の方法については自由に構成してしまって問題ないでしょうか。

ラベル(3)
0 件の賞賛
1 解決策

受理された解決策
4 Beryllium

Re: VxRail7.0.100以降の内部DNSを利用した際の外向けDNS設定のについて

ソリューションへジャンプ

VxRailの内部DNSの機能はVxRail 4.0.x 以下 もしくは 7.0.010 以上で利用可能です。(2021/01/08 現在)

4.0.x の時代はInternal VCSAおよびPSC上のdnsmasqが簡易DNSの役割を担っていましたが、7.0.010以降ではVxRail Managerがその役割を担う形に変わっています。

また、4.0.xの時代は構築時に設定した外部DNS(Upstream DNS)にフォワードして、外部DNSによる名前解決も提供可能でした。(Internal ESRSに必要な名前解決など)

一方で、7.0.010の内部DNSは、デフォルトではCluster内部の名前解決しかできません。

それだと不便な場合もありますので、4.0.xと同様に外部DNSにフォワードする設定を追加可能です。

手順はSolveOnlineから入手できます。

VxRail Appliance -> VxRail Procedure -> Miscellaneous -> How to Procedure -> (Is Cloud Foundation ?) "No" -> Change VxRail IP Addresses -> Select Version -> Add/Remove upstream DNS for Internal DNS

 

1)vCenterとVxRail ManagerのVMのセカンダリに外部のDNSを登録する方法

現状ではこちらの構成・手順はサポートされてないです。

Internal DNSを利用するか、外部DNSを利用するかの2択となっており、Primary/Secondary DNSのような設定はできません。

DNSの仕様としても、Primary DNSが疎通可能な状態では常にPrimary DNSにて名前解決を試み、Primary DNSで名前解決不可の場合でもSecondary でリトライはしない動作となるはずですので、おそらく期待する動作にはならないと思われます。

 

2)dnsmasqのフォワーダ設定に外部のDNSを登録する方法

こちらの構成がSolve Procedureにて提供される構成と一致する認識です。

 

特にSolveDesktopにはなかった認識なのですが、

階層が非常に深く、途中の選択肢も多いので、存在を知らないとかなり見つけづらいです。

Solve Procedureを一覧化出来たら便利ですよね。(願望)

元の投稿で解決策を見る

0 件の賞賛
2 返答(返信)
4 Beryllium

Re: VxRail7.0.100以降の内部DNSを利用した際の外向けDNS設定のについて

ソリューションへジャンプ

VxRailの内部DNSの機能はVxRail 4.0.x 以下 もしくは 7.0.010 以上で利用可能です。(2021/01/08 現在)

4.0.x の時代はInternal VCSAおよびPSC上のdnsmasqが簡易DNSの役割を担っていましたが、7.0.010以降ではVxRail Managerがその役割を担う形に変わっています。

また、4.0.xの時代は構築時に設定した外部DNS(Upstream DNS)にフォワードして、外部DNSによる名前解決も提供可能でした。(Internal ESRSに必要な名前解決など)

一方で、7.0.010の内部DNSは、デフォルトではCluster内部の名前解決しかできません。

それだと不便な場合もありますので、4.0.xと同様に外部DNSにフォワードする設定を追加可能です。

手順はSolveOnlineから入手できます。

VxRail Appliance -> VxRail Procedure -> Miscellaneous -> How to Procedure -> (Is Cloud Foundation ?) "No" -> Change VxRail IP Addresses -> Select Version -> Add/Remove upstream DNS for Internal DNS

 

1)vCenterとVxRail ManagerのVMのセカンダリに外部のDNSを登録する方法

現状ではこちらの構成・手順はサポートされてないです。

Internal DNSを利用するか、外部DNSを利用するかの2択となっており、Primary/Secondary DNSのような設定はできません。

DNSの仕様としても、Primary DNSが疎通可能な状態では常にPrimary DNSにて名前解決を試み、Primary DNSで名前解決不可の場合でもSecondary でリトライはしない動作となるはずですので、おそらく期待する動作にはならないと思われます。

 

2)dnsmasqのフォワーダ設定に外部のDNSを登録する方法

こちらの構成がSolve Procedureにて提供される構成と一致する認識です。

 

特にSolveDesktopにはなかった認識なのですが、

階層が非常に深く、途中の選択肢も多いので、存在を知らないとかなり見つけづらいです。

Solve Procedureを一覧化出来たら便利ですよね。(願望)

元の投稿で解決策を見る

0 件の賞賛
4 Tellurium

Re: VxRail7.0.100以降の内部DNSを利用した際の外向けDNS設定のについて

ソリューションへジャンプ

naoyuki_kanedaさん

 

ありがとうございます!

SolveOnlineに公開されていたのですね、、、。ちょっと気づきませんでした。

1)vCenterとVxRail ManagerのVMのセカンダリに外部のDNSを登録する方法

サポートされないのですね。一応情報共有のため、内部DNS設定でセカンダリDNSだけ登録してもvSANのカタログの取得に関しては問題なくできましたが、確かにvCenter、VxRail Managerのその他インターネット接続必要なサービスの種類によってはセカンダリを見にいく前にタイムアウトする可能性があるため納得しました。

>2)dnsmasqのフォワーダ設定に外部のDNSを登録する方法

Procedureに記載されているのは気づきませんでした。。。ありがとうございます。

基本その方式で進めたいなと考えています。

0 件の賞賛