8 Krypton

XtremIOのコマンドによるマッピングについて

XtremIOにてコマンドでLUNを複数サーバにマッピングする際、マッピングを実行するかYes/Noを聞いてくるのですが

これを聞いてこなくすることは可能でしょうか。沢山マッピングのコマンドを実行する場合に良い方法がないか

調べております。

出力例)

xmcli (admin)> map-lun vol-id="xxxxx_1"  ig-id="EXPC19"  lun=0

ATTENTION: Volume xxxxx_1 [71] contains LUN mapping.

Are you sure you want to create additional LUN mapping for Volume xxxxx_1 [71]? (Yes/No): yes ←ここ

LUN 0 mapped to Volume xxxxx_1 [71]

タグ(1)
0 件の賞賛
2件の返信2
モデレーター
モデレーター

Re: XtremIOのコマンドによるマッピングについて

yonedaさん

CLIにforce系のオプションがないのでYes/Noを聞かなくすることは出来ないですね・・・

(KBなどを見ても裏技的な情報はありませんでした)

とはいえ、CLIからは離れてしまいますが、REST APIを利用すればYes/Noを聞かれることなくマッピング情報の追加が出来ることが確認できたので、利用してみるのもよさそうです。

具体的には「POST /api/json/v2/types/lun-maps」の命令で、ヘッダーにはAuthorization(BASIC認証でXMSのadminクレデンシャルを入力)、Cache-Control:no-cache、Content-Type:application/jsonの3つを指定して、BODYにJSON形式で「ig-id」と「vol-id」を指定することで追加できました(注:XMSが複数クラスタを管理している場合には「cluster-id」の指定も必要です)。

参考としてChromeのプラグインであるRestlet Clientを利用して実行した際のスクリーンショットを以下に添付します

capture-20180518-135429.png

【FYI】

ig-idやvol-idとして名前指定もOKなはずですが、何故か私が確認した際にはid(数字)の指定でないと動きませんでした(Restlet Clientのせい?)。そのために、最初に「GET /api/json/v2/types/volumes」と「GET /api/json/v2/types/initiator-groups」でボリュームとイニシエータグループのID番号を確認してからコマンド実行をしています。

【参考】

EMC XtremIO Storage Array X1 and X2 Cluster Types RESTful API (Ver. 2.2) Guide P.282 LUN Mapping

0 件の賞賛
8 Krypton

Re: XtremIOのコマンドによるマッピングについて

大変丁寧なご回答、ありがとうございます。

非常に参考になりました。こんな方法があるんですね。

活用したいと思います。

0 件の賞賛