さまざまなホスト フラグの説明

評価なし
モデレーター
モデレーター

さまざまなホスト フラグの説明

製品:

EMC Solutions Enabler 6.xSolutions Enabler 7.xSymmetrix VMAXシリーズ。


説明:

さまざまなホスト フラグの説明


ソリューション:

Init_Point_to_PointPP: 構成時にEnginuity 5x65以降に対して有効にした場合、初期化シーケンスでポイント ツー ポイントの直接またはスイッチ トポロジーが指定されます。 デフォルトの無効のままにした場合、アービトレート型ループとして初期化されます。


UWNUnique_WWN: すべての環境構成の変更と新しい環境に対してデフォルトの有効のままにすると、WWNWorld Wide Name)が、Symmetrixシリアル番号とポート番号を使用するファイバ環境内で一意になります。 無効にする場合、WWNを変更する必要はありません。 基本設定:  5670 FC-SWEAN/UWN)と5670 FC-ALEAN/PP/UWN

  

VCM_State: デバイス マスキングまたはVolume Logixソフトウェアを利用可能にし、Symmetrixデバイスへのアクセス管理を提供します。デフォルトでは無効です。


ACLXAccess Control Logix: ACLXAccess Control Logix)はSymmetrix VMAXモデルのVCMVolume Control Manager)またはVolume Logixに代わる機能です。 前述のVCMの説明を参照してください。


Common Serial Number (C): 同じデバイスへのパスを特定するために一意のシリアル番号が必要なマルチパスの構成またはホストでは、このフラグを有効にする必要があります。


Disable Q Reset on UA (D): このフラグを有効にすると、別のダイレクタから伝送されたUAUnit Attention)がこのダイレクタのこのデバイスのキューをフラッシュしません。 0629センス(ハード リセットの場合にのみ)でのキューのフラッシュを想定していないホストに使用します。

  

Volume Set Addressing (V): HP-UXホストのディスク アレイ フラグとともに有効にした場合、ボリューム セットのアドレッシング モードが選択されます。 VSAモードでは8進数アドレッシングになります。


Avoid Reset Broadcast (ARB)/NRSB: このフラグを有効にすると、SCSIバスのリセットはリセットを受信したポートのみに対して行われ、すべてのチャネルにブロードキャストされません。 現在は、8F, 画面上、NRSBNo Reset SCSI Broadcast)フラグと表記されています。

   

SunapeeSCL: このフラグをSun PDBクラスタについて有効にすると、該当ポートのSunapeeオプションが有効になります。


SCSI_3SC3: 有効にすると、ポートのデバイスによって返される照会データが変更され、SymmetrixSCSI 3プロトコルをサポートすることを通知します。 このフラグを無効にすると、SCSI 2プロトコルがサポートされます。


OS2007: Report LUNsLUN CapacityLUN identifier 情報について返されるデータを変更します。 このフラグを有効にすると、デバイス識別子、マルチポート ターゲット、Unit Attentionレポート、LUN 0のデバイス不在などを管理するため、より厳格なコンプライアンスのSCSI標準が提供されます。

  

SPC2: 新しいSCSIプライマリ コマンド-2プロトコル仕様へのコンプライアンスを提供します。

詳細については、Primus emc261657を参考にしてください。

この質問と回答は、EMCサポートコミュニティで行われたディスカッションの翻訳版です。原文の英語はこちらから参照できます

https://community.emc.com/docs/DOC-16636

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎07-31-2012 11:27 AM
更新者: