ダイナミックSRDFストライプ メタをオンラインで拡張する処理手順

評価なし
モデレーター
モデレーター

ダイナミックSRDFストライプ メタをオンラインで拡張する処理手順

製品:

SymmetrixSolutions Enabler SYMCLI


説明:

ダイナミックSRDFストライプ メタをオンラインで拡張する処理手順


ソリューション:

次の処理手順はスタティックRDFペアではなく、ダイナミックRDFペアのみに適用されます。

ダイナミックSRDFストライプ メタをオンラインで拡張するステップを次に示します。


1SRDFリンクを suspend または split します。

symrdf -g DgName split

 

2)デバイスのペアリングを削除して、デバイスとグループを標準の非RDFに変更します。この操作はRDF属性を除去するだけで、デバイス上のデータには影響しません。

symrdf -g DgName deletepair

 

3R1を拡張します。

add dev yyy to meta_head xxx, protect_data=TRUE, bcv_meta_head=ccc;

:  cccのサイズとタイプは現在のメタと同じでなければならず、新規に追加したデバイスはダイナミックRDFを有効にする必要があります。

  

4R2を拡張します。

add dev yyy to meta_head xxx, bcv_meta_head=ccc;

:  cccのサイズとタイプは現在のメタと同じでなければならず、新規に追加したデバイスはダイナミックRDFを有効にする必要があります。

  

5)データベースを更新するために discover を実行します。

symcfg discover

 

6RDFペアを作成します。ファイル名には新しく拡張したRDFペアを含める必要があります。

symrdf -f ファイル名 -sid xxx -RDFG グループ名 createpair -establish

このコマンドは、ペアを作成し、ダイナミックRDFフラグを追加し、full establishを発行します。

 

7)データベースが完全に最新の状態になったことを確認するために、再度、discover を実行します。 この最後の discover 後、すべての設定が完了します。

symcfg discover

詳細については、Primus emc166979を参考にしてください。

  

この質問と回答は、EMCサポートコミュニティで行われたディスカッションの翻訳版です。原文の英語はこちらから参照できますhttps://community.emc.com/docs/DOC-16463
バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎07-31-2012 12:37 PM
更新者: