ファイバチャネルスイッチ: snmpgetを使ってportErrShowっぽい情報を取得するサンプル

hkurosak
1 Nickel

ファイバチャネルスイッチ: snmpgetを使ってportErrShowっぽい情報を取得するサンプル

製品:

     Brocadeのファイバチャネルスイッチ全般

説明:

     snmpgetを用いてターゲットのスイッチからリンクスタティスティックスを取得してportErrShowっぽい出力をするbashのスクリプトを書いてみましたので参考として紹介させていただきます。

解決策(使い方):

  添付されているスクリプトをsnmpget/snmpwalkがインストールされているシステムで実行します。

  以下のオプションを指定できます。

     -v [ 1 | 3 ]: SNMPのバージョン

  -u user-name: ユーザ名(SNMPV3の場合のみ指定可)

     -c community: コミュニティ名(SNMPV1の場合のみ指定可)

     -f fabric-number: ファブリック番号(Virtual Fabricを使用の場合のみ、SNMPV3の指定も必要)

     -i ip-addr: IPアドレス

     -p port#1 port#2...: ポート番号

     -v : バージョンの表示

     注意:

         1. 現段階ではSNMPV3では、NoAuth、NoPrivしか考慮していませんので、パスワードは指定できません。

         2. ポート番号は、DCXのようにbladeタイプでは、slot/portのように指定してください。

  実行例

$ ./errCountGet.bash -V
errCountGet.bash Version 1.01
$./errCountGet.bash -?
errCountGet.bash Version 1.01
Usage: errCountGet.bash: [-v version] [-c communinty | -u user [-f FID] ]  -i ipaddr -p port1 port2 ...
$

    5100から情報を取得

$./errCountGet.bash -v 1 -c public -i 10.11.12.13 -p 36 39
=====   03/13/2013 10:31:56     =====
Port       TxWds       RxWds       BadOS   EncIn  EncOut  C3Disc    CRCs     NoTxCrd
------------------------------------------------------------------------------------
36          2011         907      124358       0  173998       0       0       24926
39     610565469   278544546      311587       0       0     836       0   654815055
=====================================
$

   DCX-8510から情報を取得

$ ./errCountGet.bash -v 3 -u admin -i 10.14.15.16 -f 101 -p 7/0 7/1
=====   03/13/2013 10:31:59     =====
Port       TxWds       RxWds       BadOS   EncIn  EncOut  C3Disc    CRCs     NoTxCrd
------------------------------------------------------------------------------------
7/0     666597775  3095913613           1       0       0    3082       0           0
7/1    3098936318   667483549       64145       0  168091       1       0        1549
=====================================
$

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎03-12-2013 10:44 AM
更新者: