リンク バウンス後にSRDF/AをリカバリするSYMCLIコマンド

評価なし
モデレーター
モデレーター

リンク バウンス後にSRDF/AをリカバリするSYMCLIコマンド

製品:

SymmetrixSolutions Enabler SYMCLISRDF/A


説明:

リンク バウンス後にSRDF/AをリカバリするSYMCLIコマンド


ソリューション:

次のSYMCLIコマンドを使用して、リンク バウンス後のSRDF/Aをリカバリできます。

1. symrdf -g dgname disable(デバイス グループのSRDF/Aペアの整合性保護を無効にする)

2. symrdf -g dgname set mode acp_disk(デバイス グループのアダプティブ コピー ライト ペンディング モードをオンにする)

3. symrdf -g dgname est(デバイス グループのすべてのSRDFペアの同期を開始する)

4. symrdf -g dgname query(デバイス グループをクエリーする)

インバリッド トラック カウントが30,000トラック未満になるまで待機する

5. symrdf -g dgname set mode async(コピー モードを非同期に変更する)

6. symrdf -g dgname enable (デバイス グループのSRDF/Aペアの整合性保護を有効にする)

この問題については、Primusの記事:  emc174647も参考にしてください。

この質問と回答は、EMCで行われたディスカッションの翻訳版です。原文の英語はこちらから参照できます:https://community.emc.com/message/613204#613204
バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎07-31-2012 12:38 PM
更新者: