明日の予報:雲多め、コンテナ確率90%

モデレーター
モデレーター

明日の予報:雲多め、コンテナ確率90%

当資料は、2020年3月10日に米国で発表されたブログの抄訳版です。

米国ブログ原文:https://blog.dellemc.com/en-us/tomorrows-forecast-cloudy-with-90-chance-of-containers/ 

JPCommunityMgr_0-1585062399569.png

執筆者:
Dell Technologies
シニア バイス プレジデント
サム グロコット

 

明日の予報:雲多め、コンテナ確率90%

2020310日、米国発

かつては(といっても2018年後半)、特定のワークロードをパブリック クラウドに置くべきか自社のデータセンターに置くべきかが、最大の論点でした。現在、業界の流れは、ハイブリッド環境およびマルチ クラウド環境でコンテナ化したクラウド ネイティブ アプリケーションを実行する方向へ急速に進んでいます。また、同じアプリケーションを複数の場所に展開することも、珍しくありません。複数のクラウドに分散させたモダン アプリケーションの管理は現実的な課題であり、プライベート クラウドおよびパブリック クラウド プロバイダーの間で広くKubernetesサービスが使われている今日、その管理はより難しくなっています。

 

企業のIT運用においてデータセンターはこれまでと変わらず不可欠な存在ですが、多くの企業は、パブリック クラウドと同じような感覚でデータセンターを運用したいと考えています。ここで課題になるのが、パブリック クラウドとプライベート クラウドにまたがるIT環境全体の管理プロセスの簡素化です。現在のIT環境では、クラウドごとに異なる管理インターフェイスが使われ、従来型アプリケーションとモダン アプリケーションが複数のクラウド間に数多く存在しています。この課題への最良のソリューションが、一貫性のあるハイブリッド クラウド アプローチです。そしてVMware およびデル テクノロジーズがこのたび発表した先進のテクノロジーは、ハイブリッド クラウドをさらに高度化します。

 

VMwareが、ハイブリッド クラウドの世界におけるモダン アプリケーションの未来を明らかに

あらゆる企業の未来にとって、モダン アプリケーションは不可欠な存在であり、デジタル トランスフォーメーションの中核となるものです。これらのソフトウェアに投資することが、顧客とのすべてのインタラクションの未来を決定づけ、グローバル市場での発展に欠かせない売上の飛躍的な向上を促進し、データを活用してこれまでは得られなかったインサイトを引き出す環境が形作ります。差別化を図り競争力を維持したいと考えている企業にとって、このようなアプリケーションをスピーディーに展開する能力は、基本的な能力の1つです。

 

このようなニーズの高まりに応え、3月10日にVMware は新しい2つの画期的なソリューションの詳細を発表しました。1つは「VMware Tanzu」で、この製品ポートフォリオによって企業は、モダン アプリケーションをマルチ クラウド環境で構築、実行、管理できます。もう1つは「VMware Cloud Foundation 4」で、これにはKubernetesと仮想化アプリケーションを大規模環境で並行して実行できるようにアーキテクチャーを再設計した最新リリースの「VMware vSphere 7」が含まれています。デル テクノロジーズとVMwareは、企業のアプリケーションとビジネスの両方のモダナイズ(最新鋭化)をサポートする業界最高のソリューションの提供に全力で取り組んでいます。

 

企業がクラウド ネイティブへの移行を考えるとき、多くの場合は、どの企業にもリプラットフォーム(プラットフォームの見直しや変更)が必要なアプリケーションが、数百単位や数千単位で存在しています。これは、イノベーションにとって非常に大きな障害であるだけでなく、運用環境の安定性という意味でもリスクとなります。しかし、デル テクノロジーズのインフラストラクチャーとサービスとの緊密なパートナーシップを背景にした今回のVMwareの発表によって、企業はアプリケーションのモダナイズを非常に低いリスクで、またそれぞれのペースで、実現することが可能になります。

 

デル テクノロジーズは、業界で最も幅広いVMware統合ポートフォリオによって、あらゆるクラウド環境のモダン アプリケーションをサポート

現在、多くの企業が従来型のアプリケーションとクラウド ネイティブ アプリケーションの両方を利用していますが、プライベート クラウド、パブリック クラウド、エッジまでを網羅したIT環境全体を通じてこれらのアプリケーションを管理することに苦慮しているのが現状です。Enterprise Strategy Group (ESG)社が公開したレポートによると、大企業および中堅企業のIT部門の上級意思決定者の78%が、一貫性のあるクラウド管理を実現することで効率が大幅に高まると考えている一方で、実際にこのような環境を実現しているのは、わずか5%に過ぎません。この部分こそ、まさにデル テクノロジーズが最適なソリューションを提供できる部分です。

 

「Dell Technologies Cloud Platform(VMware Cloud Foundation on VxRail)」は、モダン アプリケーションを実現するシンプルで直接的なパスを提供します。コンテナおよびハイブリッド クラウド運用モデルへの移行を加速化するため、デル テクノロジーズは、「VMware Cloud Foundation(VCF)」と「Dell EMC VxRail」のユニークな統合を実現し、複数のクラウド環境にわたり、業界をリードする「Dell EMC PowerEdge」サーバーとDell EMCストレージにおける仮想マシン(VM)とコンテナ ベースのワークロードを同時にサポートします。

 

Dell Technologies Cloud Platform」は、サブスクリプション ベースの価格によって、ハイブリッド クラウドへの最短パスを提供します。これによって企業は、14日間という短期間かつ1日あたりわずか70ドル/ノードという低コストで、ハイブリッド クラウドを展開することが可能になります。また、「VMware Cloud Foundation」と深いレベルで統合されている業界唯一の共同開発HCIシステム「VxRail」を活用した「Dell Technologies Cloud Platform with VxRail」が、クラウドの規模、クラウドのスピードでKubernetesを提供します。「VxRail」のリリースと同期をとるというデル テクノロジーズのポリシーによって、VMwareの一般提供開始(GA)から30日以内に、「vSphere 7.0」を活用した「Dell Technologies Cloud Platform」でKubernetesの実行ができます。また、同じく同日の提供開始ポリシーを持つ「PowerEdge」サーバーをベースとする「Dell Technologies Cloud Validated Designs」の選択もできます。このように2つのオプションを用意することで、デル テクノロジーズは、企業のIT部門がモダン アプリケーション実現のために最先端テクノロジーを利用できる環境を開発者へ提供できるようにしています。

 

さらに、デル テクノロジーズは「Dell Technologies on Demand」によって、オンプレミス データセンター向けに柔軟な従量制料金とサービスとしてのマネージド クラウド体験を提供しています。これには、シームレスな導入を実現する「ProDeploy」導入サービスとマネージド サービス、また世界1,900名を超える弊社のVMware認定資格者を擁する「ProSupport」サービスも含まれており、高可用性と最適なパフォーマンスを実現します。

 

ハイブリッド クラウド環境でデータがモダン アプリケーションを促進

コンテナと並んで、データも、新しいマルチ クラウドの世界で中心的な役割を果たします。 もし、新しいクラウド ネイティブ アプリケーションをゼロから構築して、複数のクラウド環境へシームレスに展開したとしたら、何が起こるでしょうか。アプリケーションのサポートに必要なデータをすべての必要な場所で利用することができないため、すべてが失敗に終わるでしょう。その後は、転職を考えるか、大量の複雑なデータ管理機能を学習して身に付けるかしかありません。しかし、デル テクノロジーズのハードウェアであれば、これらのすべての機能が実装されています。「Dell Technologies Cloud Validated Designs」のデザインでは、「Dell Technologies Cloud」の一部として「Dell EMC Unity XT」および「Dell EMC PowerMax」ストレージを利用できます。これらのストレージ プラットフォームは、VMware Cloud Foundation、vSphere with Kubernetes、またVMwareのオートメーション/オーケストレーション ツールと統合されています。デル テクノロジーズは、VMware Cloud Foundationワークロード ドメイン向けの外部NFSおよびファイバー チャネル(FC)ストレージ ソリューションについて認定された初のベンダーでもあります。

 

デル テクノロジーズは、柔軟で一貫性のあるデータ管理機能、複数環境間のレプリケーション、仮想マシン/コンテナとハードウェアのスタックを網羅するネイティブなセキュリティー、「Dell EMC PowerProtect Data Manager for Kubernetes」によって、企業の既存のワークロードとモダン アプリケーションの両方を保護します。

 

いつでもどこでも、データへの確実なアクセスを提供する動的でセキュアな環境が必要なとき、デル テクノロジーズ以上のパートナーは、他にありません。デル テクノロジーズは、ユーザー企業のモダン アプリケーションがマルチ クラウド環境で途切れることなく継続して稼働するためのサポートを提供します。

 

今日からアプリケーションの最新鋭化の旅を始めましょう

VMwareの画期的な発表と、デル テクノロジーズが、業界で最も幅広いVMware統合ポートフォリオによってあらゆるクラウド環境のモダンアプリケーションをサポートするベストなアプローチを提供し続ける方法は、VMware’s launch, hosted by Dell Technologiesをご覧ください。そうすれば、Dell Technologiesとパートナーを組むことで、信頼できる統合により、より早く市場に参入できることが簡単に理解できるでしょう。

 

# # #

 

© Copyright 2020 Dell Inc.、その関連会社。All Rights Reserved.

Dell Technologies, Dell, EMCおよびDell EMCが提供する製品及びサービスにかかる商標は、米国Dell Inc. 又はその関連会社の商標又は登録商標です。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎03-25-2020 12:10 AM
更新者:
 
寄稿者: