Avamar:7.2のアップグレード後、MCS GUIにメッセージ「RabbitMQ is misconfigured. The problem could not be corrected」が報告される(000470241)

モデレーター
モデレーター

Avamar:7.2のアップグレード後、MCS GUIにメッセージ「RabbitMQ is misconfigured. The problem could not be corrected」が報告される(000470241)

バージョン:6

記事タイプ:不具合修正

対象読者:レベル30 = お客様

最終発行日:2016106日木曜日02:25:08GMT

概要:

新しいBRMバージョン1.3.0-121にはファイアウォールがあり、AvamarBRMと連携するように再構成する前には停止する必要があります。

.

問題:       7.2のアップグレード後、Avamar AdministratorMCS GUIにイベント「RabbitMQ is misconfigured.

The problem could not be corrected」が報告されます。その際、/usr/local/avamar/var/mc/server_log/mcserver.logcom.avamar.mc.mon.ExternalService.runで、次の症状が示されます。

01/01-00:00:00.00373 com.avamar.mc.util.MCException.logExceptionWARNING: java.io.FileNotFoundException: /etc/rabbitmq/keystore.p12 (No such file or directory) at java.io.FileInputStream.open(Native Method) java.io.FileInputStream.<init>(Unknown Source) at java.io.FileInputStream.<init>(Unknown Source) at com.avamar.mc.jms.RabbitConfigurationManager.declareBrmQueueSSL(RabbitConfigurationManager.java:171) com.avamar.mc.util.BrmUtils.declareBrmQueueSSL(BrmUtils.java:119) at com.avamar.mc.jms.RabbitConfigurationManager.handleMissingShovels(RabbitConfigurationManager.java:640) com.avamar.mc.jms.RabbitConfigurationManager.veryifyRabbitBrmConnection(RabbitConfigurationManager.java at com.avamar.mc.mon.RabbitMQMonitor.monitor(RabbitMQMonitor.java:32) at com.avamar.mc.mon.ExternalService.run

原因:       これはAvamarサーバに接続されているBackup and Recovery Managerが原因です。

それが原因であることは、/usr/local/avamar/var/mc/server_data/prefs/mcserver.xmlで有効になっているかどうかを調べて確認できます。

root@utility:/#: grep i enablebrm /usr/local/avamar/var/mc/server_data/pref/mcserver.xml

...

<entry key="enableBrmService" value="true" />

解決方法:回避策:

BRM Brokerは、7.2のアップグレード後に次のコマンドをAvamarサーバで実行して再構成する必要があります。

rootユーザーとして、Avamar 7.2.1-32の導入時に、BRMバージョンを互換性のために導入する必要があります。さらに、新しいBRMバージョン1.3.0-121にはファイアウォールがあり、AvamarBRMと連携するように再構成する前には停止する必要があります。

BRM 1.3.0-121サーバにrootユーザーとしてログオンします。次に、BRM 1.3.1-121ファイアウォールを停止します。

/sbin/SuSEfirewall2 off service mongod restart service tomcat-ucas restart service apache-fips restart

Avamar 7.2.xadminユーザーとしてログオンし、rootユーザーに切り替えます。

sudo su -

service avfirewall stop

                                   msgbrokerctl.pl --setup --brmhost=<BRM_IP_Address> user: <BRM_User>

pwd: <BRM_User_Password> service avfirewall start

BRM 1.3.0-121サーバにrootユーザーとして再度ログオンします。次に、BRM 1.3.1-121ファイアウォールを開始します。

service firewall-ucas start service mongod restart service tomcat-ucas restart service apache-fips restart

 

プライマリ   Avamarサーバ

 

製品:

製品:       Avamar Server BETA 7.2-D1Avamar Server 7.2.0-390AvamarAvamar ServerBackup & Recovery Manager Avamar

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎08-16-2017 10:20 AM
更新者: