Broadcomスイッチ - WebToolsが11月13日以降使用できなくなるバグについて

評価なし
3 Silver

Broadcomスイッチ - WebToolsが11月13日以降使用できなくなるバグについて

すでにKB#546175で紹介されていますが、Broadcom(Broacade)のスイッチのGUI管理ツール、WebToolsが11月13日以降使用できなくなるバグがありますのでお知らせします。

WebToools内のコードのJavaのcertificateが有効期限が11月13日までとコードされていることが原因です。

問題が報告されているFOSのレベル

  1. FOS7.4.2fおよびそれ以前のリリース
  2. FOS8.1.2jおよびそれ以前のリリース
  3. FOS8.2.1およびそれ以前のリリース

8.2.1x、8.2.2x、9.0.xは該当しません。

データトラフィックやCLI操作には影響しませんので、該当FOSが稼働していてもWebToolsを運用で使用されていなければこの記事は該当しません。

 

問題の修正は以下のFOSで行われます。

  1. FOS7.4.2g:10月初旬リリース予定
  2. FOS8.1.2k:リリース未定

FOS8環境では、8.2.2x系へのアップグレードされることを推奨しますが、8.1.2kへのアップグレードが必要な場合はテクニカルサポートへお問い合わせください。アップグレード以外で回避する方法は、WebToolsを起動するPCのJavaの設定で、スイッチからのcertificationのチェックを無効にします。(KB546175のworkaroundの部分に画面コピーのサンプルがあります。)

 

ご不便をかけますがご対応のほどよろしくお願いいたします。

 

バージョン履歴
改訂番号
3/3
最終更新:
‎09-24-2020 09:07 AM
更新者:
 
寄稿者: