CelerraでのNFSv4実装のステップ

評価なし
モデレーター
モデレーター

CelerraでのNFSv4実装のステップ

製品:

Celerra File Server

Celerra Network Server

説明

CelerraでのNFSv4実装の導入手順

ソリューション

以下のステップに従って、CelerraNFSv4を実装します。

  1. Data Moverで名前マッピング方法を有効化します。  3つの方法があります。 ローカルのpasswdおよびgroupファイル、NISLDAP3つです。  passwdファイルはメンテナンスが必要になるため、後ろの2つが推奨されます。 NFSv4は、UNIXUIDGIDの代わりにACLの名前を使用するため、マッピング方法が必須です。 
  2. NFSv4サービスを有効化します。
    編集が必要なファイルはNASコードによって異なります。  ファイルは/nas/server/slot_xに存在します。xData Moverのスロットの番号です。 DART 5.5および5.6コードの場合、/nas/servers/slot_x/netdを編集します。 次のように記述されている行を探します。
    nfs start openfiles=240000 nfsd=256
    これを次のように変更します。
    nfs start openfiles=240000 nfsd=256 hivers=4
    Data Moverを再起動します。

    DART 6.0以降の場合、/nas/server/slot_x/configの次の文字列を編集します。nfs config
    これを次のように変更します。
    nfs config hivers=4
    Data Moverを再起動します。 
  3. Data MoverNFSv4ドメインを構成します。  クライアントのNFSv4ドメインを探します。  Solarisでは、/etc/default/nfsに設定されています。
    NFSMAPID_DOMAIN=europe.local
    この文字列が存在しないか、コメント アウトされている場合は、/etc/resolv.confにあるDNS検索ドメインと同じ名前です。Data Mover NFSv4ドメインを、クライアントでの設定と同じになるように設定します。
    server_param server_x -f nfsv4 -m domain -v europe.local
  4. ACLをサポートするために、ファイル システムのアクセス ポリシーをMIXEDに設定します。  これは無停止で実行できます。 ACLのサポートを有効化するには、次のコマンドを使用します。
    server_mount server_2 -o accesspolicy=MIXED FsName /MountPoint
    その後、権限がMIXEDファイル システムに適合するようにファイル システムを変換する必要があります。  これは、次のコマンドで無停止で実行できます。
    nas_fs -translate FsName -access_policy start -to MIXED -from NATIVE

詳細については、PrimusソリューションIDemc176444」も参考にしてください。

この質問と回答は、EMCサポートコミュニティで行われたディスカッションの翻訳版です。原文の英語はこちらから参照できます:

https://community.emc.com/docs/DOC-17308

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎07-25-2012 05:12 AM
更新者: