Dell EMC Unity:CAVAサーバーがオフラインになり、断続的にリカバリーされる(000531210)

モデレーター
モデレーター

Dell EMC Unity:CAVAサーバーがオフラインになり、断続的にリカバリーされる(000531210)

ナレッジベース記事:000531210 Dell EMC Unity:CAVAサーバーがオフラインになり、断続的にリカバリーされる(000531210)

プライマリ製品:Dell EMC Unityファミリー

製品:Dell EMC UnityVSA、Dell EMC Unityハイブリッド、Dell EMC Unityファミリー、Dell EMC Unityオール フラッシュ

バージョン:3
記事タイプ:不具合修正
対象読者:レベル30 = お客様
最終発行日:2019年7月18日木曜日09:29:21(GMT)

サマリー:
CAVAサーバーがオフラインになり、断続的にリカバリーされました。
「ウイルス チェッカー サーバーxx.xx.xx.xxにエラーが発生し、現在動作していません
(エラー:ERROR_AUTH 64)」:: カテゴリー=ユーザー コンポーネント=DART_VC
「ウイルス チェッカー サーバーxx.xx.xx.xxはオンラインです。」::
カテゴリー=ユーザー コンポーネント=DART_VC。

問題:
問題の説明: 1. お客様はCAVAを構成しました。CAVAサーバーがオフラインになり、数秒後にオンラインに戻るという以下のエラーが断続的に発生しました。 EMCSystemLogFile.logに次のエラー ログが表示されます "2018-12-28T02:18:22.331Z" "n1988006_spa" "Kittyhawk_safe" "26056" "unix/spa/root" "ERROR" "13:10510021" :: "The virus checker server xx.xx.xx.xx has encountered an error and is no longer operational.(Error: ERROR_AUTH 64)" :: Category=User Component=DART_VC "2018-12-28T02:18:41.486Z" "n1988006_spa" "Kittyhawk_safe" "26056" "unix/spa/root" "NOTICE" "13:1051001d" :: "Virus checker server xx.xx.xx.xx is online." :: Category=User Component=DART_VC "2018-12-28T02:35:42.361Z" "n1988006_spa" "Kittyhawk_safe" "26056" "unix/spa/root" "ERROR" "13:10510021" :: "The virus checker server xx.xx.xx.xx has encountered an error and is no longer operational.(Error: ERROR_AUTH 64)" :: Category=User Component=DART_VC "2018-12-28T02:35:51.678Z" "n1988006_spa" "Kittyhawk_safe" "26056" "unix/spa/root" "NOTICE" "13:1051001d" :: "Virus checker server xx.xx.xx.xx is online." :: Category=User 同じエラー メッセージが次のようなc4_safe_ktrace.logにもレポートされます。 2018/12/28-21:32:25.865594 115K 7F86FEB3E709 sade:VC: 3:33:[Rick] The virus
checker server 160.46.85.196 has encountered an error and is no longer operational.(Error:
ERROR_AUT
2018/12/28-21:32:25.865596 0 7F86FEB3E709 sade:VC: 3:33:[Rick] H 64)
2018/12/28-21:32:25.865617 19 7F8790D83702 sade:SOCK_STREAM:
3:[core] T_DISCON_REQ: (fd=0x1a0, NS=0) ShutdownStream() request UNSUPPORTED!
2018/12/28-21:32:25.865622 4 7F8790D83702 sade:SOCK_STREAM:
3:[core] T_DISCON_REQ: (fd=0x1a0, NS=0) Handling as DisconnectCloseStream()!
--
2018/12/28-
21:32:53.272520 0 7FC1D8ADC70A std:PSMSYS:PSMSYS:psmDataAreaClose(1:13):
PENDED...
2018/12/28-21:32:55.127022 1.8M 7F86FEB3E702 sade:VC: 5:29:[Rick] Virus checker
server 160.46.85.196 is online.
2018/12/28-21:32:55.128201 1177 7F8790DC7704 sade:SOCK_STREAM:
3:[core] T_DISCON_REQ: (fd=0x1cb, NS=0) ShutdownStream() request UNSUPPORTED!
2018/12/28-21:32:55.128206 3 7F8790DC7704 sade:SOCK_STREAM:
3:[core] T_DISCON_REQ: (fd=0x1cb, NS=0) Handling as DisconnectCloseStream()!
2. 特定のパターンなしにエラーがランダムに発生しました。CAVAサービスは影響を受けないようで
す。
3. KB#462457はフォローアップされましたが、CAVAサーバーとUnity/Windows DCサーバーの間に時
差は確認されませんでした。
4. CAVAサーバーがFSCTL_VALIDATE_NEGOTIATE_INFO Ioctlリクエストを送信しましたが、Unity
は応答せず、TCP接続を切断したことをネットワークトレースは示しています。
問題が発生したとき、CAVAサーバーはFSCTL_VALIDATE_NEGOTIATE_INFO Ioctlリクエストを送
信しましたが、Unityは応答せず、接続を終了しました。
#良い使用例
5817 0.433916 CAVA_IP CIFS_IP SMB2 156 Tree Connect Request Tree:
\\rick\CHECK$
5820 0.433983 CIFS_IP CAVA_IP SMB2 138 Tree Connect Response
5823 0.434164 CAVA_IP CIFS_IP SMB2 212 Ioctl Request
FSCTL_VALIDATE_NEGOTIATE_INFO
5826 0.434217 CIFS_IP CAVA_IP SMB2 194 Ioctl Response
FSCTL_VALIDATE_NEGOTIATE_INFO <=========== good case
#悪い使用例
1806 0.096779 CAVA_IP CIFS_IP SMB2 156 Tree Connect Request Tree:
\\rick\CHECK$
1807 0.096854 CIFS_IP CAVA_IP SMB2 138 Tree Connect Response
1818 0.097124 CAVA_IP CIFS_IP SMB2 212 Ioctl Request
FSCTL_VALIDATE_NEGOTIATE_INFO
1820 0.097200 CIFS_IP CAVA_IP TCP 54 445 → 52006 [FIN, ACK] Seq=85
Ack=261 Win=304 Len=0 <=========== bad case
5. この問題は、emcopyを使用してVNXからUnityにデータを移行しようとするようなCIFSデータ コピー
に影響を与えます。
複数のコピーを同時に実行すると、断続的に毎回異なるものがエラーで失敗します。
クライアントOS:Microsoft(ビルド9200)
TH000:02:28:08:エラー(53):\\cifsserver.exmaple.netからサーバー情報を取得できません

原因: Unityは、バインドされた接続ではなく初回接続で情報を検証する必要があるため、これはバグです。
そして、それにより、お客様の問題が発生します。

変更: この問題は、Unityコード4.4.0.1536311042およびWindows Server 2016で発生しました。

解決
策:
これは、SMBバージョン3.0.2のみでの問題であり、3.1または2.1に切り替えても動作します。3.0.2でさ
え回避策があります。
回避策:WindowsサーバーまたはCAVAサーバーでマルチチャネルを無効にしてください。
管理者としてpowershellを実行してから、次の操作を行います。
PS C:\windows\system32> Get-SmbClientConfiguration
ConnectionCountPerRssNetworkInterface : 4
DirectoryCacheEntriesMax : 16
DirectoryCacheEntrySizeMax : 65536
DirectoryCacheLifetime : 10
DormantFileLimit : 1023
EnableBandwidthThrottling : True
EnableByteRangeLockingOnReadOnlyFiles : True
EnableInsecureGuestLogons : False
EnableLargeMtu : True
EnableLoadBalanceScaleOut : True
EnableMultiChannel : True
EnableSecuritySignature : True
ExtendedSessionTimeout : 1000
FileInfoCacheEntriesMax : 64
FileInfoCacheLifetime : 10
FileNotFoundCacheEntriesMax : 128
FileNotFoundCacheLifetime : 5
KeepConn : 600
MaxCmds : 50
MaximumConnectionCountPerServer : 32
OplocksDisabled : False
RequireSecuritySignature : False
SessionTimeout : 60
UseOpportunisticLocking : True
WindowSizeThreshold : 8
PS C:\windows\system32> Set-SmbClientConfiguration -EnableMultiChannel $false

確認
このアクションを実行してよろしいですか?
ターゲット「SMBクライアント構成」での「変更」操作の実行。
[Y]はい[A]すべてはい[N]いいえ[L]すべていいえ[S]一時停止[?]ヘルプ(デフォルトは「Y」):はい
PS C:\windows\system32> Get-SmbClientConfiguration
ConnectionCountPerRssNetworkInterface : 4
DirectoryCacheEntriesMax : 16
DirectoryCacheEntrySizeMax : 65536
DirectoryCacheLifetime : 10
DormantFileLimit : 1023
EnableBandwidthThrottling : True
EnableByteRangeLockingOnReadOnlyFiles : True
EnableInsecureGuestLogons : False
EnableLargeMtu : True
EnableLoadBalanceScaleOut : True
EnableMultiChannel : False
EnableSecuritySignature : True
ExtendedSessionTimeout : 1000
FileInfoCacheEntriesMax : 64
FileInfoCacheLifetime : 10
FileNotFoundCacheEntriesMax : 128
FileNotFoundCacheLifetime : 5
KeepConn : 600
MaxCmds : 50
MaximumConnectionCountPerServer : 32
OplocksDisabled : False
RequireSecuritySignature : False
SessionTimeout : 60
UseOpportunisticLocking : True
WindowSizeThreshold : 8
Internal Use - Confidential

プライマ
リ製
品:
Dell EMC Unityファミリー

製品: Dell EMC UnityVSA、Dell EMC Unityハイブリッド、Dell EMC Unityファミリー、Dell EMC Unityオー
ル フラッシュ

添付
バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎11-20-2019 10:58 AM
更新者:
 
寄稿者: