EULA(エンドユーザー使用許諾契約書)が通知/ポップアップされる(000532155)

モデレーター
モデレーター

EULA(エンドユーザー使用許諾契約書)が通知/ポップアップされる(000532155)

ナレッジベース記事:000532155
WindowsサーバーでPowerPath 6.4をインストール/アップグレードした後、EULA(エンドユーザー使用許諾契約書)が通知/ポップアップされる(000532155)

プライマリ製品:PowerPath for Windows 6.4 製品:PowerPath for Windows 6.4

バージョン:3 記事タイプ:不具合修正
対象読者:レベル30 = お客様
最終発行日:7月18日木曜日09:23:22(GMT)
2019年

サマリー: WindowsサーバーでPowerPath 6.4をインストール/アップグレードした後、
ユーザーが通知センターでEULAに関する通知/ポップアップを受け取ります

問題: WindowsサーバーでPowerPath 6.4をインストール/アップグレードした後、ユーザーが「PowerPath製品を使用すると、<PowerPathインストール ディレクトリー>\EULA」のエンド ユーザー使用許諾契約書に同意したものと見なされます」という通知/ポップアップを受け取ります。また、ユーザー アカウントが、PowerPathインストールを実行したユーザーと異なる場合でも、この通知が表示されます。

 

原因: EULAトレイ バーの通知は、PowerPath for Windows 6.4リリースの一部として導入されました。

変更: WindowsサーバーへのPowerPath 6.4のインストール/アップグレード。

解決策: パス障害アラートに影響を与えずにこの通知を無効化する手順:

• ユーザーは、Windowsサーバーの個々のユーザーに対してPowerP
ath通知を無効化する必要があります。これにより、トレイ
バーの通知と、「再起動保留中」および「ライセンスのない構成」
通知を無効にできます。
• PowerPath通知をオフにするには、Microsoftの手順に従います。こ
れは、パスの障害アラートには影響しません。
ただし、ユーザーは、インストール/アップグレード後にホストが再起動されている
ことを確認する必要があります。これは、通知をオフにするとリマインダーがオフに
なるためです。
また、エンジニアリング部門は、PowerPathの今後のリリースでこれを修正するこ
とを計画しています。

プライマリ製品: PowerPath for Windows 6.4

製品: PowerPath for Windows 6.4

添付
バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎11-19-2019 01:25 PM
更新者:
 
寄稿者: