Isilon:ネットグループでオペレーション1を試行すると、isi_netgroup_dによりスパム ログが出力される(000533312)

評価なし
モデレーター
モデレーター

Isilon:ネットグループでオペレーション1を試行すると、isi_netgroup_dによりスパム ログが出力される(000533312)

プライマリー製品:Isilon H600

製品:Isilon H600

バージョン:2

記事タイプ:不具合修正

対象読者:レベル30 = お客様

最終発行日:2019年6月5日水曜日10:57:07(GMT)

 

サマリー:

v8.1.2以降のファミリーへのコード アップグレード後、isi_netgroup_dによって /var/log/messagesおよび/var/log/isi_netgroup_d.logにスパムが出力され、他のログや、それらのログで追跡されている 実際の問題が目立たなくなっていました。

 

問題:

OneFSコードがv8.1.2以降のファミリーにアップグレードされました。次のような定期的なログ メッセージがログに記録されている可能性がありますが、コードをアップグレードした後、またはOneFSアップグレード後にLikewise Serviceを再起動した後(単純なノード再起動を含む)、これらのメッセージによって/var/log/messagesおよび/var/log/isi_network_d.logにスパムが送信される可能性があります。また、これらのログにより、このスパム送信処理のために/varパーティションがいっぱいになることもあります。

注:これは、クラスター環境でネットグループを使用していない場合でも見られます。この原因は、OneFSがNFSエクスポート リストを確認するときに、「name」は最初にネットグループであるとみなされ、次にホスト名であるとみなされるためです。

この動作は、クラスター内の1つのノード、複数のノード、またはすべてのノードで見られます。
 

2018-07-23T10:46:03-07:00 <3.3> my-cluster-2 isi_netgroup_d[6151]: [0x800702000]nfs: send to node my-cluster-4 attempting operation 1 on netgroup hostname.FQDN.domain (zone: 1) with 0 members: timed out

2018-07-23T10:46:03-07:00 <3.3> my-cluster-2 isi_netgroup_d[6151]: [0x800702000]nfs: send to node my-cluster-3 attempting operation 1 on netgroup hostname.FQDN.domain (zone: 1) with 0 members: timed out

2018-07-23T10:46:03-07:00 <3.3> my-cluster-2 isi_netgroup_d[6151]: [0x800702000]nfs: send to node my-cluster-1 attempting operation 1 on netgroup hostname.FQDN.domain (zone: 1) with 0 members: timed out

 

 

原因:

正確な原因は不明であり、調査中です。

 

解決方法:

インシデントによりアップグレードされました。

 

プライマリー製品:

Isilon H600

 

製品:

Isilon H600

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎08-13-2020 02:48 PM
更新者:
 
寄稿者: