Multicore FAST Cache ホスト読み込み処理

モデレーター
モデレーター

Multicore FAST Cache ホスト読み込み処理

Snap0057.JPG

1.ホストI/O受付。該当データがMulticore Cache内に   

 あるかを確認

2.該当データがMulticore Cache内にあったため、要求は満たされた

3.読み込みミスの場合、該当I / Oの対象チャンクがMulticore FAST Cacheに存在しているかを確認

4.該当データがMulticore FAST Cacheに存在する場合は、該当データはMulticore FAST Cache から読み込まれて Multicore Cacheに配置され、Multicore CacheI/Oを完了

5.該当データがMulticore FAST Cacheになかった場合は、データはHDDから読み込まれてMulticore Cacheに配置され、Multicore CacheI/Oを完了

6.Multicore FAST Cache Policy Engine は該当ページを Multicore FAST Cache へ昇格させ、必要に応じMemory Map を更新

ホストアプリケーションからの読み込み I/O は、最初、Multicore Cache を確認します。もし、そのI/Oに必要なデータが Multicore Cache にあれば、その I/O はそこで完了です。このやり取りのにおいては、Multicore Cache Memory Map はアクセスされません。

Multicore Cacheで読み込みミスの場合、該当I / Oの対象チャンクがすでにMulticore FAST Cacheに存在しているかを確認するためにMulticore FAST Cache Memory Map を確認します。 該当データがMulticore FAST Cacheに存在する場合は、Policy Engine は該当I/O要求をMulticore FAST Cacheへリダイレクトします。 その後、該当データはMulticore Fast Cache から Multicore Cache.コピーされます。そして、その後の該当データの読み込みは Multicore Cache で賄われます

該当データがMulticore FAST Cacheになかった場合、該当I / O要求は、そのストレージ·システムがもしMulticore FAST Cacheを持っていなかったらたどるであろう経路と同じ経路をたどります。 該当データはHDDからMulticore Cacheへコピーされます。 Multicore Cache は、この時点で該当読み込み要求を満たします。 Policy Engine は頻繁に使用されるデータをMulticore FAST Cacheへ昇格させます。


Policy Engine - Multicore FAST Cache を通るI/O を管理する。LUNのチャンクデータが頻繁にアクセスされると、一時的に Multicore FAST Cache(FAST Cacheに最適化された ドライブにコピーされる。また、Policy Engine はデータアクセスパターンに関する統計情報のメンテナンスも行います。Policy Engine によって定義されるポリシーは、システムにより決められ、ユーザーによる変更はできません。

Memory Map - エクステントの使用や 64 KB のチャンクの所有権を監視する。Memory Map はストレージの 64 KB チャンクの状況情報や Multicore FAST Cache 内の情報をメンテナンスします。Memory Map のコピーがDRAMメモリに格納されているので、FAST Cache enabler がインストールされている場合、SPメモリは動的に Multicode FAST Cache Memory Map に割り当てられます。 Memory Map の大きさは、作成される Multicore FAST Cache の大きさに比例して増加します。 Memory Map は、データの整合性およびデータの高可用性を維持するために、フラッシュディスクにもミラーコピーされます。

EMC VNX Multicore FAST Cache VNX5400, VNX5600, VNX5800, VNX7600, & VNX8000 A Detailed Review」8ページ「Host read operations」より

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎11-13-2013 06:05 PM
更新者: