NetWorkerのオンライン インデックスのサイズを制御および管理する方法

モデレーター
モデレーター

NetWorkerのオンライン インデックスのサイズを制御および管理する方法

製品

NetWorker

説明

NetWorkerのインデックスに関連して多く発生する問題や寄せられる質問を以下にまとめました。

  • クライアント インデックスが大きい
  • インデックスが大きすぎる
  • ドライブの空き容量が不足している
  • 容量に対してインデックスの占有率が高い
  • インデックスをバックアップできない
  • NetWorkerのインデックスが格納されているボリュームにディスクの空き領域がない
  • Error: 'nsrd: nsrindexd has exited on signal 11'
  • NetWorkerサービスまたはデーモンを開始できない
  • オペレーティング システム コマンドで使用済みのディスク領域が100%と表示される
  • インデックス データベースからのみ情報をパージする方法
  • NetWorkerのインデックス サイズを管理する方法
  • メディアやインデックス データベースから情報をパージする方法
  • NetWorkerクライアント ファイル インデックスを縮小する方法
  • メディア データベースからボリュームを削除する方法
  • セーブセットをメディアやインデックス データベースから削除する方法
  • セーブセットをインデックス データベースからのみ削除する方法
  • 古いクライアント ファイル インデックスのエントリーを削除する方法
  • クライアント ファイル インデックスのディスク領域を解放する方法
  • インデックスのサイズを小さくする方法
  • クライアント ファイル インデックスのサイズを調整する方法
  • 最も古いセーブセットをコマンド ラインで削除する方法
  • 特定のバックアップ サイクルをコマンド ラインで削除する方法

解決策

インデックス サイズの問題には、さまざまな原因が考えられます。場合によっては、複数の問題を体系的に解決する必要があります。

バックアップ対象のファイル数やクライアントのブラウズ ポリシーに応じてインデックス サイズは大きくなります。 インデックスのサイズは、いくつかの方法で調整することができます。 NetWorkerのインデックスが格納されているボリューム/ドライブがいっぱいになると、NetWorkerがクライアント ファイル インデックスを正しく更新できなかったり、インデックスの保存に失敗したりする可能性があります。 インデックスのバックアップに関連したエラー メッセージが記録されていないか、daemon.rawでも確認してください。

インデックスのサイズは、以下の方法(複数可)で削減できます。

1. nsrim -X

セーブセットのデータ構造とボリュームのデータ構造との整合性をチェックします。 また、使用率の閾値はこのオプションによって30%に設定されます。

参照期間と保存期間を超えたすべてのセーブセット情報が削除されます。

2. nsrck -L6コマンドでクライアント ファイル インデックスを圧縮すると、インデックス領域も解放されます。

「nsrck -L6」は、各保存時刻のレコードをそれぞれチェックして抽出します。各レコードをデータベースから抽出できるかどうかが確認されます。 各保存時刻のダイジェストが再計算され、保存済みのダイジェストと比較されて、内部キー ファイルが再構築されます。

3. 特定のバックアップ サイクルを削除します。

詳細については、ナレッジベースの記事esg66282を参照してください。

このドキュメントは、EMCサポートコミュニティで作成されたドキュメントの翻訳版です。原文の英語はこちらから参照できます:How to control and maintain the size of the NetWorker online indexes?

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎12-09-2013 04:49 PM
更新者: