NetWorkerのクリーニング スロットの構成方法

モデレーター
モデレーター

NetWorkerのクリーニング スロットの構成方法

環境:

EMC NetWorker

テープ ライブラリ

ジュークボックス

説明:

NetWorker管理コンソールを使用してクリーニング スロットを定義する方法。

NetWorkerのクリーニング カートリッジ スロットの構成方法。

解決策:

次に記載したステップに従ってください。

1NetWorker管理コンソールからNetWorkerサーバーに接続します。

2.[デバイス]ボタンをクリックします。

3.ライブラリ リストを展開し、希望するジュークボックスでマウスを右クリックして、[プロパティ]を選択します。

4.[Advanced]タブ([View->Diagnostic Mode])で、使用可能なスロット範囲を定義し、クリーニング スロットを除外します。

注:クリーニング カートリッジ用のスロットがオートチェンジャーの最初または最後でない場合は、オートチェンジャーのインベントリをスロットの各範囲ごとに1度、2つのステップで実行する必要があるので、[使用可能なスロット]属性に2つのスロット範囲を指定します。

たとえば、オートチェンジャーに11のスロットがあり、スロット6がクリーニング スロットとして使用されている場合、次のように指定します。

15

711

5.[OK]をクリックします。

6.ジュークボックスをマウスで右クリックし、[プロパティ]を選択します。

7.[全般]タブで、「クリーニング スロット」と入力します。

クリーニング カードリッジを搭載したスロットが複数ある場合は、ハイフンを使用して範囲を指定します(例:89)。デフォルトでは、クリーニング カートリッジ用の1つのスロット「クリーニング スロット」は、範囲として定義されます(例:2323)

8.緑のチェックマークの右にある四角をクリックし、[Auto Clean]を[はい]にして有効にします。

9.[Default Cleanings]フィールドに、クリーニング テープの使用可能回数を入力します。これは、クリーニング カートリッジのパッケージに記載されているメーカーにより定義されます。

10.[OK]をクリックします。

参照資料:

EMCサポート ソリューション番号:105971

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎04-03-2015 04:57 PM
更新者: