RP4VM:レプリケーション プロセスがOOM(メモリー不足)でkillされる(000534577)

モデレーター
モデレーター

RP4VM:レプリケーション プロセスがOOM(メモリー不足)でkillされる(000534577)

ナレッジベース記事:000534577 RecoverPoint for Virtual Machines:レプリケーション プロセスがOOM(メモリー不足)でkillされる(000534577)

プライマリ製品:RecoverPoint for Virtual Machines

製品:RecoverPoint for Virtual Machines、RecoverPoint for Virtual Machines 5.2 P2、RecoverPoint for Virtual Machines 5.2 P3、RecoverPoint for Virtual Machines 5.2 P4、RecoverPoint for Virtual Machines 5.2 P5、RecoverPoint for Virtual Machines 5.2 SP1

バージョン:4
記事タイプ:不具合修正
対象読者:レベル30 = お客様
最終発行日:2019年7月19日金曜日20:08:15(GMT)

サマリー:
サイズの大きい保護対象ボリュームで8 GBを超えるデータを同期する短時間の初期化(フル スイープではない)中にメモリー リークが発生しています。レプリケーション プロセスがkillされています。

問題:
ログで確認された現象 ログでは、レプリケーション プロセスのメモリー消費量が増加し、レプリケーションが最終的にクラッシュしたことがわかります。 メモリー消費量は、監視プロセスから確認できます。 /files/home/kos/monitor/result.log.gz
2019/05/24 12:17:42 - /proc/meminfo: 4723 - replication cpu= 58 ( 47+ 12) mem=12826.59 MB
2019/05/24 12:22:31 - /proc/meminfo: 4723 - replication cpu= 68 ( 54+ 14) mem=12855.56 MB
2019/05/24 12:53:44 - /proc/meminfo: 4723 - replication cpu= 83 ( 66+ 17) mem=12990.36 MB
2019/05/24 12:58:34 - /proc/meminfo: 4723 - replication cpu= 45 ( 37+ 😎 mem=13016.16 MB
2019/05/24 14:07:38 - /proc/meminfo: 4723 - replication cpu= 32 ( 25+ 7) mem=13465.61 MB
2019/05/24 14:19:25 - /proc/meminfo: 4723 - replication cpu=109 ( 90+ 19) mem=13549.38 MB
レプリケーション プロセスでアサーションが見られます。 /files/home/kos/replication/result.log.gz 2019/05/24 14:19:37.667 - #2 - 4820/4723 - RemoteLogSender: got event (uniqueId=0, eventTime=1558707577667xxx), EventID_KBOX_ASSERTION_FAILED(3031),
SiteUID(0x2949551379abbxx), seDetails=Sender=replication,
Topic=MemoryShield, msg=Assertion failed: false Line 282 File
MemoryShield.cc PID: 4723 Info: memory limit exceeded, no core

原因: 保護対象の大きなボリュームがある場合、8 GBを超えるデータを同期する短時
間の初期化(フル スイープではない)中にメモリー リークが発生しています。レプ
リケーションの全体的なメモリー消費量が増加し続けることで、最終的には
OOMによってレプリケーション プロセスがkillされます。

解決策: 回避策:tweak t_maxDirtySpaceInOneGetMarkerCommandの値を2^50に増
やします(グループ全体より大きい数値という考え方です)。
手順:
5.2.0.2以降
CLIにadminとしてログイン
[2] Setup
[8] Advanced options
[3] Appliance config params
[3] Change appliance config param value
次のtweak_param名を入力:t_maxDirtySpaceInOneGetMarkerCommand
次のtweak_param値(デフォルト「xx」)を入力:1125899906842624
名前を入力:
解決方法:この問題は、RecoverPoint for Virtual Machinesバージョン5.2.0.6
(5.2.P6)で対処されました。

プライマリ製品: RecoverPoint for Virtual Machines

製品: RecoverPoint for Virtual Machines、RecoverPoint for Virtual Machines
5.2 P2、RecoverPoint for Virtual Machines 5.2 P3、RecoverPoint for
Virtual Machines 5.2 P4、RecoverPoint for Virtual Machines 5.2 P5、
RecoverPoint for Virtual Machines 5.2 SP1、RecoverPoint for Virtual
Machines 5.2 SP2

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎11-21-2019 02:41 PM
更新者:
 
寄稿者: