SMI-S Provider 8.4.0がVMAX 3アレイを検出しない(000517708)

モデレーター
モデレーター

SMI-S Provider 8.4.0がVMAX 3アレイを検出しない(000517708)

ナレッジベース記事:000517708

プライマリ製品:SMI-S Provider 8.4 製品:Solutions Enabler 8.4、SMI-S Provider 8.4、ProtectPoint for VMAX3
バージョン:3
記事タイプ:不具合修正
対象読者:レベル30 = お客様
最終発行日:2018年2月15日木曜日15 08:18:10(GMT)
サマリー:
TestSmiProviderのdvコマンドでは、アレイがリストされず、エラーが返されます。
問題:
Environment = VMAX3 5977およびSE/SMI 8.4.0.x TestSmiProvider、disco、refsysコマンドは正常に動作します。 ただし、TestSmiProviderのdvコマンドでは、アレイがリストされず、エラーが返されます。 以下を参照してください。

Initial Errors,

Error: One or more parameter values passed to the method are not valid. (com.emc.cmp.osls.se.symm.impl.ApiInstance.com::emc::cmp_osls::se:: symm::impl::ApiInstance_populate:119 C:ERROR_CLASS_SOFTWARE F:ERROR_FAMILY_NOT_FOUND file: ApiInstance.cpp line: 231 func: com::emc::cmp_osls::se::symm::impl::ApiInstance_populate message: show() fail to populate class Symm_StorageSystem)

Cimomlog.txt

08-Feb-2018 00:56:08.467 -892-W- CSTAuthenticator: AccessDeniedException at
CSP::AUTHN::AuthenticationServiceImpl::authenticate in ..\..\..\com\emc\csp\managers\authentication\AuthenticationServiceImpl.cpp:347, Error Message="Access is denied" ([11.13.100.20]:52790)

08-Feb-2018 01:00:05.152 -4204-E- NAVSSLSocket::sslAccept: NAVNetException at SSL_accept(): Error accepting connection. Error details: An error occurred as a result of an SSL protocol failure (error:140760FC_SSL routines_SSL23_GET_CLIENT_HELLO:unknown protocol).

08-Feb-2018 01:00:05.152 -4204-E- ECOM WebServer: Net Exception occured while doing SSL handshake. Error accepting connection. Error details: An error occurred as a result of an SSL protocol failure (error_140760FC_SSL routines_SSL23_GET_CLIENT_HELLO:unknown protocol).

08-Feb-2018 01:00:29.879 -4704-E- OperationHandler: CIMOM: Invalid namespace root

Securitylog.txt:

8-Feb-2018 01:06:08.416 -3180-E- NAVSSLSocket::sslAccept: NAVNetException at SSL_accept(): Error accepting connection. Error details: An error occurred as a result of an SSL protocol failure (error:14095438_SSL routines_SSL3_READ_BYTES:tlsv1 alert internal error).

08-Feb-2018 01:06:08.416 -3180-E- ECOM WebServer: Net Exception occured while doing SSL handshake. Error accepting connection. Error details: An error occurred as a result of an SSL protocol failure (error:14095438_SSL routines_SSL3_READ_BYTES:tlsv1 alert internal error).

08-Feb-2018 01:06:08.432 -5100-W- CSTAuthenticator: AccessDeniedException at CSP::AUTHN::AuthenticationServiceImpl::authenticate in ..\..\..\com\emc\csp\managers\authentication\AuthenticationServiceImpl.cpp:347, Error Message="Access is denied" ([11.13.100.20]:55669) symapi.log: EMC_SMI Provider iSymEnvDataGet No Environment Data returned from SIL_SymmWin_Data symcfg discover and symcfg list on ECOM node running successfully and arrays discovered.
symcfg -sid <sid> list -env_data opn ECOM node returns "The data requested could not be collected." for one or more of the arrays.
原因:
この機能はSMI-Sの基本機能であり、アレイとの接続に問題が発生していない限り、正常に動作していたことがこのエラーでわかります。以下の注を参照してください。
解決策:
ECOMノードで次のコマンドを実行:
実行:symcfg discover

実行:symcfg list 検出された各アレイに対して実行:symcfg -sid <sid> list -env_data
環境データ(-env_data)を返さない各アレイに対しては、以下を実行します。

1. 失敗した各アレイに関して、コマンドsymcfg -sid <sid> list -env_dataの出力を収集します。
2. ECOMノードからemcGrab/emcreportsを収集します。
3. EMCサポートに問い合わせて、この記事に基づいて項目1と2の情報を伝えます。
注:
実行されるトラブルシューティング手順: MMCSとコンテナの両方を再起動し、両方のmgmtコンテナで、Solutions Enablerを使用してアレイ側での検出を実行しました。 お客様は、ローカル アレイとリモート アレイのハードウェアをチェックするために、次のコマンドを実行しました。 symcfg -sid xx list -env_data. このコマンドによって、ローカル アレイから適切な出力が返されました。 このコマンドにより、リモート アレイから次のエラーが返されました。

symcfg -sid xx list -env_data Symmetrix ID : 000123456789 The data requested could not be collected.
VMAX3にダイヤルして、ローカル アレイから同じコマンドを実行しました。同じエラーを受信しました。 テストとして、お客様はsymavoidファイルにremote symmを挿入し、TestSmiProviderのdvコマンドを実行しました。処理は成功しました。これは、接続/ハードウェアの何らかの問題がリモート アレイに存在したことを示しています。 関連する以前のKBソリューション463902 を参照してください。

バージョン履歴
改訂番号
6/6
最終更新:
‎03-25-2019 11:07 PM
更新者: