[SRS] 複数NICの構成の仕方

[SRS] 複数NICの構成の仕方

皆様こんにちは。ネットワールドのストレージ担当です。

ストレージ製品を導入した後で、メーカーサポートを利用するためにSRSを導入しますが、
SRSには以下の2つのタイプがあります。

  • 統合型(UnityやVxRailなど、製品に組み込まれた機能のSRS)
  • 集中型(仮想環境上にデプロイし、複数製品を監視するタイプのSRS)

上記のいずれかのタイプを選択頂くことができます。

SRSを利用したいがネットワークポリシー上、監視対象機器をインターネット接続可能なセグメントに配置できない場合もありますよね?

そんな時には集中型を選択して複数NICを構成することができます。
しかし実は手順はKBに載っている程度でマニュアル上には記載がありません。

ESRS VE: How to install ESRS VE in dual NIC configuration
https://support.emc.com/kb/304076

今日は複数NICの構成の仕方を検証しましたので、紹介したいと思います。
テスト環境:vSphere 6.7 / SRS 3.42

SRSをデプロイすると標準ではNICは1つのみ構成されます。

なお、KBに以下の文言がありますので、1つ目のNICはストレージ接続用、2つ目のNICはインターネット接続用にしてください。

When the ESRS VE gateway is in DMZ is usual to have 2 Network Interfaces.
First for communication to EMC array thru management network and gateway management.
Second for EMC ESRS infrastructure communication thru Public Network.

スライド1.PNG

複数設定する場合は次のスライドの手順で設定することができました。

まずは集中型SRSをデプロイする必要がありますが、OVF形式のファイルをデプロイするだけなので割愛します。

スライド2.PNG

スライド3.PNG

スライド4.PNG

 

ここからちょっと難しくなります。

スライド5.PNG

YaSTの画面がKBに記載されている画面とは若干違い、戸惑いますが落ち着いて進めましょう。

この後の操作は矢印キーではなく、タブキーとファンクションキーを使用します。

スライド6.PNG

スライド7.PNG

スライド8.PNG

設定したIPアドレスにpingで疎通ができれば、設定完了です。
あとは内部ネットワーク側にある機器をSRSに登録するだけです。

 

如何でしたでしょうか?思ったより難しくないですよね。

これでネットワークポリシーが厳しくても安心ではないでしょうか。
ハードルが高いイメージのSRSですが、身近に感じて頂ければ嬉しいです。

 

今回はSRSの複数NIC構成の仕方でした。
またお会いしましょう。ではでは!

 

Networld Techのブログ一覧はこちら!

https://www.dell.com/community/ストレージ-Wiki/tkb-p/storage-wiki-jp/label-name/EvalReport

バージョン履歴
改訂番号
3/3
最終更新:
‎03-24-2020 06:08 PM
更新者:
 
寄稿者: