SUSE Error >> Failed to mount 10.8.56.31:/mnt/share/nfs/nfs/avamar on /var/adm/mount/AP_0x00000001

モデレーター
モデレーター

SUSE Error >> Failed to mount 10.8.56.31:/mnt/share/nfs/nfs/avamar on /var/adm/mount/AP_0x00000001

現象

影響を受ける製品:

•    Avamar 6.x

•    SUSE 11.1

•    Gen4ハードウェア

イベント ウィンドウに次のメッセージが表示されます。 このメッセージは、データ ノードの/var/log/messagesファイルにもあります。

suse_register[7126]: All services have been refreshed. Abort, retry, ignore? [a/r/i/?](a): a Failed to mount 10.8.56.31:/mnt/share/nfs/nfs/avamar on /var/adm/mount/AP_0x00000001: Mounting media failed (mount.nfs: mount to NFS server '10.8.56.31:/mnt/share/nfs/nfs/avamar' failed: timed out, giving up)  Problem retrieving files from 'SUSE-Linux-Enterprise-Server-11-SP1 11.1.1-1.152'. Failed to mount 10.8.56.31:/mnt/share/nfs/nfs/avamar on /var/adm/mount/AP_0x00000001: Mounting media failed (mount.nfs: mount to NFS server '10.8.56.31:/mnt/share/nfs/nfs/avamar' failed: timed out, giving up) Please see the above error message for a hint. Skipping repository 'SUSE-Linux-Enterprise-Server-11-SP1 11.1.1-1.152' because of the above error. Could not refresh the repositories because of errors. Ignored(34)

原因

この最初のメッセージは、NFSマウントがアクティブのときにSUSE更新リポジトリが有効化された場合に、連続的に表示されます。 Avamarソフトウェアのインストール時にソフトウェアをコピーするために作成されたNFSマウントで、この問題が発生することがあります。

2つ目のメッセージは、SUSE更新リポジトリが完了と更新のためにLinuxサーバにアクセスしようとしているのにできない場合に表示されます。

解決策

回避策:

SUSEの更新機能を無効化できます。 更新はすべてAvamar Installerによって制御されるため、この機能が有効である必要はありません。

1. adminとしてログインし、キーをロードします。

    > ssh-agent bash

    > ssh-add ~/.ssh/dpnid

2. 更新が有効かどうかを確認します。

    > mapall --noerror --all+ 'zypper lr'

3. 更新を無効化します。

    > mapall --noerror --all+ --user=root 'zypper mr -dR --all'

4. 変更を確認します。

    > mapall --noerror --all+ --user=root 'zypper lr'

5. cronタスクの実行を無効化します。

    a. 1. 登録を無効化するために、「neverRegisterOnBoot」ファイルを作成します。

    > mapall --noerror --all+ --user=root 'touch /var/lib/suseRegister/neverRegisterOnBoot'

    b. 2. /etc/cron.dディレクトリからcronスクリプトを削除します。

    > mapall --noerror --all+ --user=root 'rm /etc/cron.d/novell.com-suse_register'

zypperログで、この機能がいつ有効化されたかを確認します。

> grep -i "autorefresh" /var/log/zypper.log*

詳しい説明については、ナレッジベースの記事esg125849を参照してください。

この質問と回答は、EMCサポートコミュニティで行われたディスカッションの翻訳版です。原文の英語はこちらから参照できます

https://community.emc.com/docs/DOC-17286

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎07-10-2012 03:29 AM
更新者: