SnapView/Cloneのパフォーマンス考察(CLARiX)

モデレーター
モデレーター

SnapView/Cloneのパフォーマンス考察(CLARiX)

製品:

CLARiX CX-3

説明:

SnapView/Cloneの同期性能考察

解決策:

SnapView/Cloneの同期に関しては、以下2つに分けて考える必要があります。

1)初期同期・・・Cloneを追加した時に発生する同期(Initial Sync)

2)差分同期・・・Clone運用時の同期(Forward Sync)

また、それぞれ同期レートとしてHigh, Medium, Lowの3種類が存在します。

1)初期同期

a.同期レート=Medium/Lowの場合

1つのSource LUNに対して1つのCloneを作成している場合の想定される転送/書き込み速度

Medium:8MB/s

Low:1.2Mb/s

※同期の多重度による影響は受けにくいですが、Cloneの数が増えると性能低下する場合も考えられます

(例)

100GBのSource LUNのInitial Syncに必要な(おおよその)時間

Medium:100GB / (8MB/s) = 3時間34分

Low:100GB / (1.2MB/s) = 23時間42分

b.同期レート=Highの場合

Medium/Lowの設定時とは異なり、コントローラ(SP)のCPUの利用率をおよそ60%程度とするように同期を行います。そのためにModel/ディスク構成/ディスクタイプ/ホストIO/同期作業の多重性等の影響を強く受けるために目安を数字で表すことは非常に困難です。

あくまで一例なので参考情報として利用して頂きたいのですが、CX3-40で確認した際に以下条件で約120MB/sの同期レートを記録したことがあります。

Model:CX3-40

ディスク構成:4+1 RAID-5 (Source / Cloneともに)

ディスクタイプ:15000rpm Fibre Channel Disk

ホストIO:なし

同期作業の多重性:多重なし(1つのClone Syncのみを実施)

※同期レートがHighの場合には、Clone同期中のホストIOに対して多大な性能低下を引き起こすので、利用する場合にはホストIOの極力ない時間帯に同期を行う等の配慮が必要です

2)差分同期

差分同期の性能はSource LUNに存在する差分データの不連続性に大きく影響されます。差分データがディスクの連続した領域に存在する場合には、初期同期と同等の性能となりますが、差分データが不連続な領域に存在する場合には初期同期時よりも性能が低下することが想定されます。

特に同期レートをHighとした場合には不連続性の影響を顕著に受けるため、条件によっては10MB/sといったレベル まで落ち込むことも考えられます。

※差分同期時も初期同期と同様に、同期レートがHighの場合にはClone同期中のホストIOに対して多大な性能低下を引き起こすため、利用する場合にはホストIOの極力ない時間帯に同期を行う等の配慮が必要です

コメント

CLARiXおけるSATAディスクを利用したSnapView/Cloneの差分同期におけるパフォーマンス確認例です。一例であるために「参考情報」としてご利用下さい。

【確認環境①】

Model:CX3-10

ディスク構成:4+1 Raid-5

ディスクタイプ:7200rpm SATA Disk (Source / Cloneともに)

ホストIO:なし

同期作業の多重性:多重なし(1つのClone Syncのみを実施)

Source Dataを更新しているアクセス :OLTP

Clone同期レート:

High: 2.4MB/s

Medium: 2.08MB/s

Low: 1.08MB/s

【確認環境②】

Model:CX3-10

ディスク構成:4+1 Raid-5

ディスクタイプ:15000rpm Fibre Channel Disk (Source / Cloneともに)

ホストIO:なし

同期作業の多重性:多重なし(1つのClone Syncのみを実施)

Source Dataを更新しているアクセス :OLTP

Clone同期レート:

High: 6.8MB/s 

Medium: 4.4MB/s

Low: 0.98MB/s

【確認環境③】

Model:CX3-40

ディスク構成:4+1 Raid-5

ディスクタイプ:15000rpm Fibre Channel Disk (Source / Cloneともに)

ホストIO:なし

同期作業の多重性:多重なし(1つのClone Syncのみを実施)

Source Dataを更新しているアクセス :OLTP

Clone同期レート:

High: 13.6MB/s 

Medium: 4.4MB/s 

Low: 1.01MB/s  

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎06-25-2014 06:38 PM
更新者: