SourceOneがスケジュール設定されたアクティビティを実行できない(000535123)

モデレーター
モデレーター

SourceOneがスケジュール設定されたアクティビティを実行できない(000535123)

ナレッジベース記事:000535123 SourceOne Email Management:SourceOneがスケジュール設定されたアクティビティを実行できない(000535123)

プライマリ製品:SourceOne Email Management

製品:SourceOne Email Management、SourceOne

バージョン:4
記事タイプ:不具合修正
対象読者:レベル30 = お客様
最終発行日:2019年7月18日木曜日08:38:34(GMT)

サマリー:
SourceOneがスケジュール設定されたアクティビティを実行できず、次のエラーが発生します。
EnumServicesStatusEx FAILED. Error 234

問題:
SourceOneのスケジュール設定されたアクティビティの開始時間になったときに、ExJobSchedulerがジョブIDを作成できないため、SourceOneワーカーのアクティビティが作成されません。 ExJobScheduler.exe.logで次のエラーを確認できます。
Module: ExSchedCallback.cpp(71) Function: wmain EnumServicesStatusEx FAILED. Error 234

原因:
この問題の原因は、サービスのステータスを取得するために使用されているバッファ サイズに関連します。このジョブは関数EnumServicesStatusExによって実行されます。バッファ サイズが十分ではないため、「EnumServicesStatusEx FAILED. Error 234.」というエラーが表示されます。実際にはError 234はERROR_MORE_DATAを意味し、EnumServicesStatusExが受信しているデータ サイズがバッファで処理できるよりも大きいという意味です。

変更:
上記のエラーを回避するため、バッファ サイズはEnumServicesStatusExのニーズに従って動的に増加します。これにより、正しいサイズ バッファを提供するため
に10回まで試行された後、エラーが表示されます。

解決策:
この問題は、7.28.0040(7.8イニシャル リリース)以上のホットフィックス バンドル(HFB)またはService Packのバージョンで解決されます。 ホットフィックス バンドルおよびService Packキットは、https://https://www.dell.com/supportからダウンロードできます。[Drivers and Download]を選択して必要なソフトウェアにアクセスします。 * ホットフィックスは、この問題が解決されたときに入手できる製品の最新のパッチまたはService Packでのみ利用可能です。 ** 常に最新バージョンのSourceOneリリース、Service Pack、およびホットフィックス バンドルにアップグレードし、上記の問題を含めて、現在解決されている問題をすべて修正することを推奨します。

プライマリ製品:
SourceOne Email Management

製品:
SourceOne Email Management、SourceOne

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎11-21-2019 02:46 PM
更新者:
 
寄稿者: