VNX:VNXファイルでsyslogサーバーを設定する方法

モデレーター
モデレーター

VNX:VNXファイルでsyslogサーバーを設定する方法

ナレッジベース記事:000516997

プライマリ製品:VNX2シリーズ 製品:VNX/VNXeファミリー、VNX1シリーズ、VNX2シリーズ、Celerra
バージョン:3
記事タイプ:方法
対象読者:レベル30 = お客様
最終発行日:2018年4月12日木曜日14:44:01(GMT)

サマリー:
ここでは、VNX Control Stationでsyslogサーバーを設定する手続き、およびsyslogサーバーでイベントを確認する方法について説明します。
参照するドキュメント:
VNXファイル(Control Station上)でsyslogサーバーを設定
1. loghostの情報をControl Station上の/etc/hostsファイルに追加します。
#log host # Ipaddress (###.###.###) -- 完全修飾DNS名 -- "loghost" 例:128.001.1.1 rsyslog_host.company.com loghost

2. /etc/syslog.confファイルに次の行を追加します。
# write audit to remote log auth.notice @loghost

3. 「/etc/service syslog restart」と入力して、syslogサービスを再開します。

 

リモートのsyslogサーバーでメッセージを受信できることを確認
1. リモートのsyslogサーバーがログ エントリーを受信するように設定されていることを確認します。/etc/sysconfig/syslogファイルを調べて、SYSLOGD_OPTIONS行で-rオプションが設定されているかどうかを確認します。
コマンド「cat /etc/sysconfig/syslog」を入力します。 -rがSYSLOGD_OPTIONS行でオンに設定されている場合、この行は次のように表示されます。 SYSLOGD_OPTIONS="-m 0 -r"

2. このエントリーが存在しない場合は、エントリーを追加します。

3. 必要な場合は「/etc/service syslog restart」と入力してリモート サーバー上でsyslogサービスを再開します。
注:
参照資料:https://support.emc.com/docu48489_Configuring-and-Using-the-Audit-Tool-on-VNX-for-File-8.1.pdf?langu...

プライマリ製品:
VNX2シリーズ
製品:
VNX/VNXeファミリー、VNX1シリーズ、VNX2シリーズ、Celerra
Bottom of Form
Bottom of Form

バージョン履歴
改訂番号
2/2
最終更新:
‎03-25-2019 10:27 PM
更新者: