VPLEX:コマンド「ndu pre-check」によって明らかとなる一般的なNDU事前チェック構成の問題と、それらを処理および解決する方法(000532223)

評価なし
モデレーター
モデレーター

VPLEX:コマンド「ndu pre-check」によって明らかとなる一般的なNDU事前チェック構成の問題と、それらを処理および解決する方法(000532223)

プライマリ製品:VPLEXシリーズ

製品:VPLEX VS2、VPLEXシリーズ、VPLEX for All Flash、VPLEX Metro、VPLEX Local、VPLEX VS6、VPLEX GeoSynchrony 5.4 Service Pack 1、VPLEX GeoSynchrony 5.4 Service Pack 1パッチ1、VPLEX GeoSynchrony 5.4 Service Pack 1パッチ3

バージョン:2

記事タイプ:方法

対象読者:レベル30 = お客様

最終発行日:2019年7月11日木曜日17:32:25(GMT)

 

サマリー:

この記事は、エンド ユーザーが非常に一般的な構成の問題を処理し解決するのを支援することを目的としています。

その問題はNDUの準備中に「ndu pre-check」 コマンドによって明らかになります。

 

手順:


ndu pre-check」コマンドを実行すると、次のような問題が明らかになります。
 
Verify distributed device settings..                                   WARNING
Verify storage view configuration..                                   ERROR
Verify metadata volume redundancy..                              ERROR
Verify RecoverPoint cluster registrations..                      ERROR

例:

2223.png
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

次に示すガイドラインに従ってこれらのエラー/警告に対処し、NDUを準備してください。

 
分散デバイス設定確認 

詳細な警告は次のとおりです。
 
[WARNING]:

The auto-resume attribute of the following distributed device(s) is 'false':

/distributed-storage/distributed-devices/device……….……


コンシステンシー グループの「auto-resume」属性は、障害発生後にクラスター間リンクが修復されたときに、敗者クラスターが自動的にI/Oを再開するかどうかを決定します。

リンクが復元されると、敗者クラスターでは、勝者クラスターのデータが異なることが認識されます。敗者は、突然変更を行って勝者のデータに合わせるか、またはI/Oを停止し続けるかを判断する必要があります。
デフォルトでは、自動復帰が有効になっています。

通常、このプロパティはfalseに設定されているため、管理者がアプリケーションを停止して再起動する時間が与えられます。それ以外の場合、ホストのキャッシュ内のダーティ データはディスク上のイメージと整合していない可能性があり、そのディスクに勝者クラスターが書き込みを行っています。ホストがダーティ ページを本来とは異なる順序でフラッシュした場合、データ イメージが破損する可能性があります。

アクション: 「auto-resume」を無効にするかどうかを判断してください。有効にするには、VPlexcliの各コンシステンシー グループのコンテキストから「set auto-resume-at-loser true」コマンドを発行してください。

注:KBA 469587、「VPLEX:分散デバイス上でauto-resume属性にfalseが設定されているためクラスターのパーティショニング後にデータを使用できない」(英語)も参照することができます
 
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ストレージ ビュー構成の確認 

詳細なエラーは次のとおりです。
注:次に示すクラスター名の「-N」は、実際のクラスターIDの「Cluster-1」および/または「Cluster-2」のプレース ホルダーです。

[ERROR]:
One or more storage view(s) at cluster-N may not have front-end high availability.
The following storage views at cluster-N do not have two or more target ports in the indicated upgrader sets:
Storage view                        Upgrader set        Used target ports                                  Available target ports
Storage_View1                      first                        P0000000047605586-A0-FC00              P00000000476054ED-A0-FC00,
                                                                                                                                            P00000000476054ED-A0-FC01,
                                                                                                                                            P00000000476054ED-A0-FC02,
                                                                                                                                                 ……………………..
Please add one or more suggested available target (FE) ports to the applicable storage view(s) to protect against potential port failure.

The following storage views at cluster-N do not have target ports from two or more directors in the indicated upgrader sets:
Storage view                        Upgrader set     Directors with used target ports              Available directors
Storage_View1                             first                    director-1-1-A                                           director-1-2-A,
                                                                                                                                                director-1-3-A,
                                                                                                                                                director-1-4-A
………………………………..

Please add one or more target (FE) ports from the suggested directors to the applicable storage view(s) to protect against potential director failure.

注:最初の例に示されている実際のダイレクター ポートのどれが自分のVPLEXであるかを確認するには、GUIを開き、[Provision Storage]>[cluster-N]>ポートを選択します。

サンプル出力:
2223-1.png


NDU(無停止アップグレード)の間、VPLEXダイレクターは次の順序で再起動されます。

1.    最初のアップグレーダー セット:すべてのクラスターにまたがるすべてのダイレクター - A

2.    2つ目のアップグレーダー セット:すべてのクラスターにまたがるすべてのダイレクター - B

このことを考慮すると、フロントエンド接続のベスト プラクティスは次のようになります。

·         デュアル ファブリック設計がベスト プラクティスと見なされます。

·         各ダイレクターのフロントエンドI/Oモジュールには、最小2個(AおよびBの各ファブリックに1つずつ)の物理接続が必要(必須)。

·         各ホストには、各ファブリック上にA - ダイレクターへの最低1つのパスと、B - ダイレクターへの最低1つのパスがあり、合計4つの論理パスが必要です。(NDUで必須

·         デュアル ファブリック経由のアクセスの場合、ホストにマルチパスまたはパス フェールオーバー ソフトウェアが必要。

·         各ホストには、各ファブリックで少なくともAダイレクターとBダイレクターから各LUNへの冗長アクセスを可能にする、ファブリック ゾーニングが必要です。

·         NDUの場合、4つのパスが必要です

 
アクション:どうぞ、ファブリック/ホスト パスの設計にミス/問題がないかどうか確認し、ハイライトされたすべてのストレージ ビューを修正してください。変更を加えない場合は、お客様の意思決定について、NDUを実行するDell EMCエンジニアにお知らせください。この情報を確認するための便利なCLIコマンドは、次のとおりです。
 

ll /clusters/<クラスター名>/exports/storage-views/<ストレージ ビュー名>
export storage-view summary

 
注:また、これに関連する次の警告が表示される場合もあります。これには、前述したものと同じアクションが必要です。

[WARNING]:
The following initiator ports do not see at least one target port in both the first and second upgrader sets:
Cluster             Initiator Ports
cluster-1           Initiator-port-0xc0507609919500dc, ………………
 
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

メタデータ ボリュームの冗長性の確認  

詳細なエラーは次のとおりです。
 
[ERROR]:
Devices of active meta-volume <metavolume name> on cluster cluster-1 are sharing the same BE array
[ERROR]:
Devices of active meta-volume <metavolume name> on cluster cluster-2 are sharing the same BE array

 
VPLEXメタデータには、仮想物理マッピング、デバイスに関するデータ、仮想ボリューム、システム構成設定が含まれます。メタデータは、キャッシュに保存され、メタ ボリュームと呼ばれる専用の外部ボリュームにバックアップされます。メタボリュームはシステムのセットアップ中に作成されます。クラスターが最初に構成されている場合、メタボリュームはVPLEXに最初に示されるストレージである必要があります。これにより、メタボリュームが誤って上書きされることを防ぎます。可用性はメタボリュームにとって非常に重要です。メタボリュームは、システムのリカバリーに欠かせません。ベスト プラクティスは、2つ以上のバックエンド アレイ間でメタボリュームをミラーリングして、データ ロスの可能性を排除することです。

アクションメタボリュームを高可用性構成のままにするかどうかを決めてください。高可用性のメタボリューム構成を作成したい場合は、次のいずれかのオプションを使用してください。

·         別のストレージ アレイから各VPLEXクラスターに対して、既存のメタボリュームと同じサイズのバックエンド ストレージ ボリュームを1つ以上プロビジョニングします。この手順は、お客様が実行可能ではないため、標準手順に従ってグローバル サポートに依頼して、メタボリューム内の1つのミラーを新しいストレージボリュームに置き換えるようにしてください。

·         異なるストレージアレイから各VPLEXクラスターに対し、2つのバックエンド ストレージ ボリュームをプロビジョニングします。新しいメタボリュームを作成し、既存のメタボリュームを新しいストレージボリュームに移動します。このVPLEXで実行されているコード バージョンについては、適切な『VPLEX GeoSynchrony Administrator Guide』の(Dell EMCサポート オンラインに掲載)の「Moving a meta-volume」および「Deleting a meta-volume」の項を参照してください。新しいバックアップのメタボリュームを作成する必要があることに注意してください。VPLEX構成に応じて、『VPLEX GeoSynchrony Administrator Guide』のセクション「Back up the meta-volume: VPLEX Local」または「Back up the meta-volume: VPLEX Metro」を参照してください。

           
           :『VPLEX Administrator Guide』を検索する際には、必ず
           VPLEXで実行されているGeoSynchronyのバージョンと一致するものを入手してください。

           :メタボリュームとメタボリューム バックアップ構成は、次のコマンドでチェックできます。ll /clusters/<クラスター名>/system-volumes

メタボリューム構成を高可用性でないままにする場合は、その決定について、NDUを実行するDell EMCエンジニアリングに連絡してください。

注:KBA 523063「VPLEX:同じアレイを共有するアクティブ メタボリューム」(英語)を参照してください。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

RecoverPointクラスターの登録を確認します。

詳細なエラーは次のとおりです。

[ERROR]:
RecoverPoint cluster(s) which are associated with RecoverPoint port(s) <list of RPA WWPN's> are not registered. Please register all RecoverPoint clusters which are configured to the VPLEX using the 'rp rpa-cluster add' command.

RecoverPointクラスターが正しく登録されているかどうかを確認し、KBA 477546 - VPLEX:VPLEXへのRPAの追加と削除(英語)の説明に従って登録してください。 

すべてのRecoverPointクラスターは、VPLEX Metroクラスターの両方の管理サーバーで登録する必要があります。KBA 519371 - 「VPLEX:rp validate-configurationでRPイニシエーターが対応するRPA登録なしでログインしている」(英語)では、VPLEX-Metroの両方の管理サーバーでRecoverPointクラスターを登録することを推奨しています。RecoverPointクラスターのI/Oパスに含まれていないVPLEXクラスターの管理サーバー上でRecoverPointクラスターを登録するコマンドは、次のようになることに注意してください。

rp rpa-cluster add -o <RP IP address> -u admin -c <the cluster name which is on the I/O path of the RP cluster>

つまり、RPクラスターのI/OパスにVPLEX cluster-1のみがある場合、VPLEX cluster-2管理ステーションにRPクラスターを追加するコマンドは次のようになります。

rp rpa-cluster add -o <RP IP address> -u admin -c cluster-1

「-c cluster-2」オプションが使用されている場合、コマンドは次のエラーで終了します。

Failed to associate rpa-cluster '<RPA IP>' with VPLEX cluster 'cluster-2'. The rpa-cluster should be associated with a VPLEX cluster in the I/O path.

 

 

プライマリー製品:

VPLEXシリーズ

 

製品:

VPLEX VS2、VPLEXシリーズ、VPLEX for All Flash、VPLEX Metro、VPLEX Local、VPLEX VS6、VPLEX GeoSynchrony 5.4 Service Pack 1、VPLEX GeoSynchrony 5.4 Service Pack 1パッチ1、VPLEX GeoSynchrony 5.4 Service Pack 1パッチ3、VPLEX GeoSynchrony 5.4 Service Pack 1パッチ4、VPLEX GeoSynchrony 5.4 Service Pack 1パッチ5、VPLEX GeoSynchrony 5.5、VPLEX GeoSynchrony 5.5パッチ1、VPLEX GeoSynchrony 5.5 Service Pack 1、VPLEX GeoSynchrony 5.5 Service Pack 1パッチ1、VPLEX GeoSynchrony 5.5 Service Pack 1パッチ2、VPLEX GeoSynchrony 5.5 Service Pack 2、VPLEX GeoSynchrony 5.5 Service Pack 2パッチ1、VPLEX GeoSynchrony 5.5 Service Pack 2パッチ2、VPLEX GeoSynchrony 5.5 Service Pack 2パッチ3、VPLEX GeoSynchrony 5.5 Service Pack 2パッチ4、VPLEX GeoSynchrony 5.5 Service Pack 2パッチ5、VPLEX GeoSynchrony 6.0パッチ1、VPLEX GeoSynchrony 6.0パッチ2、VPLEX GeoSynchrony 6.0 Service Pack 1、VPLEX GeoSynchrony 6.0 Service Pack 1パッチ1、VPLEX GeoSynchrony 6.0 Service Pack 1パッチ2、VPLEX GeoSynchrony 6.0 Service Pack 1パッチ4、VPLEX GeoSynchrony 6.0 Service Pack 1パッチ5、VPLEX GeoSynchrony 6.0 Service Pack 1パッチ6、VPLEX GeoSynchrony 6.0 Service Pack 1パッチ7、VPLEX GeoSynchrony 6.1、VPLEX GeoSynchrony 6.1パッチ1、VPLEX GeoSynchrony 6.1パッチ2

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎08-13-2020 02:25 PM
更新者:
 
寄稿者: