VPLEX:異なるLUN IDが原因で、VPLEX分散ボリュームでSCSI UNMAPが失敗する(000534221)

モデレーター
モデレーター

VPLEX:異なるLUN IDが原因で、VPLEX分散ボリュームでSCSI UNMAPが失敗する(000534221)

ナレッジベース記事:000534221
VPLEX:異なるLUN IDが原因で、VPLEX分散ボリュームでSCSI UNMAPが失敗する(000534221)

プライマリ製品:VPLEXシリーズ

製品:VPLEXシリーズ、VPLEX for All Flash、VPLEX Metro、VPLEX VS2、VPLEX VS6、VPLEX GeoSynchrony 5.5 Service Pack 2パッチ2、VPLEX GeoSynchrony 5.5 Service Pack 2パッチ3、VPLEX GeoSynchrony 5.5 Service Pack 2パッチ4、VPLEX GeoSynchrony 5.5 Service Pack 2パッチ5

バージョン:4 記事タイプ:不具合修正
対象読者 レベル30 = お客様
最終発行日:7月18日木曜日13:05:24(GMT)
2019年

サマリー:
この記事では、さまざまなLUN IDを使用する相互接続/拡張ホストで分散ボリュームを提供しているために、SCSI UNMAPコマンドが失敗する問題について説明します。

問題: お客様がシン対応仮想ボリュームで、手動および自動 の両SCSI UNMAPコマンドを試行し、いかなるエラーも表示されませんでした。ただし、バックエンド アレイでスペースが再利用されませんでした。

原因: SCSI UNMAPコマンドを受信した分散ボリュームが、異なるLUN IDを持つ相互接続/拡張ホストに提示されました。
(分析の注記のディレクトリーにあるベース収集診断(c-d)ファイルにあるhost.txtファイルを参照してください)
****************************************
* Cluster Name: cluster-1 *
****************************************
---------------------------------------------
View Name: SCSI_UNMAP_Storage-View View Status: ok
---------------------------------------------
Internal Use - Confidential
LUN-4: TestVolume (VPD83T3:60001440000000xxxxxxxxxxxxxxxx)
==> device_TestVolume (distributed raid-1) cluster-1:
==> device_TestVolume (raid-0)
==> extent_TestVolume
==> TestVolume
==>
VPD83T3:60060160xxxxxxxxxxxxxxxxxx
==>
EMC~CLARiiON~xxxxxxxxxxxxxxx (EMC~CLARiiON) cluster-2:
==> device_TestVolume_1 (raid-0)
==> extent_device_TestVolume_1
==> TestVolume_1
==>
VPD83T3:600601604xxxxxxxxxxxxxxxxxx
==>
EMC~CLARiiON~xxxxxxxxxxxxxxx (EMC~CLARiiON)
****************************************
* Cluster Name: cluster-2 *
****************************************
---------------------------------------------
View Name: SCSI_UNMAP_Storage-View View Status: ok
---------------------------------------------
LUN-6: TestVolume (VPD83T3:60001440000000xxxxxxxxxxxxxxxx)
==> device_TestVolume (distributed raid-1) cluster-1:
==> device_TestVolume (raid-0)
==> extent_TestVolume
==> TestVolume
==>
VPD83T3:60060160xxxxxxxxxxxxxxxxxx
==>
EMC~CLARiiON~xxxxxxxxxxxxxxx (EMC~CLARiiON) cluster-2:
==> device_TestVolume_1 (raid-0)
==> extent_device_TestVolume_1
==> TestVolume_1
==>
VPD83T3:600601604xxxxxxxxxxxxxxxxxx
==>
EMC~CLARiiON~xxxxxxxxxxxxxxx (EMC~CLARiiON)
Internal Use - Confidential
前述したように、同じ仮想ボリュームが、cluster-1およびcluster-2でLUN IDが異なる相互接続されたストレージ ビューにエクスポートされました。

解決策: 影響を受ける分散ボリュームのLUN IDを
cluster-1とcluster-2の両方のストレージ ビューで同じになるように、以下のように変更します。
VPlexcli:/> cd /clusters/cluster- 1/exports/storage-views/SCSI_UNMAP_Storage-View VPlexcli:/clusters/cluster-1/exports/storage- views/SCSI_UNMAP_Storage-View>export storage-view addvirtualvolume (65, TestVolume ) --force
VPlexcli:/> cd /clusters/cluster- 2/exports/storage-views/SCSI_UNMAP_Storage-View VPlexcli:/clusters/cluster-2/exports/storage- views/SCSI_UNMAP_Storage-View>export storage-view addvirtualvolume (65, TestVolume ) --force
注:LUN IDを変更すると、ホストが停止することがあります。
• SCSI UNMAPコマンドを再実行し、問題が解決したことを確認します。
プライマリ製品: VPLEXシリーズ

製品: VPLEX Series,VPLEX for All Flash,VPLEX Metro,VPLEX VS2,VPLEX VS6,VPLEX GeoSynchrony 5.5 Service Pack 2 Patch 2,VPLEX GeoSynchrony 5.5 Service Pack 2 Patch 3,VPLEX GeoSynchrony 5.5 Service Pack 2 Patch 4,VPLEX GeoSynchrony
5.5 Service Pack 2 Patch 5,VPLEX GeoSynchrony 6.0 Patch 1,VPLEX GeoSynchrony 6.0 Patch 2,VPLEX GeoSynchrony 6.0 Service Pack 1,VPLEX GeoSynchrony 6.0 Service Pack 1 Patch 1,VPLEX GeoSynchrony 6.0 Service Pack 1 Patch 2,VPLEX GeoSynchrony 6.0 Service Pack 1 Patch 4,VPLEX GeoSynchrony
6.0 Service Pack 1 Patch 5,VPLEX GeoSynchrony 6.0 Service Pack 1 Patch 6,VPLEX GeoSynchrony 6.0 Service Pack 1 Patch 7,VPLEX GeoSynchrony 6.1 Patch 1,VPLEX GeoSynchrony 6.1 Patch 2

添付
バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎11-19-2019 01:56 PM
更新者:
 
寄稿者: