[VxRail]Optaneキャッシュを搭載したVxRailの実力とは(前編)

評価なし
3 Argentum

[VxRail]Optaneキャッシュを搭載したVxRailの実力とは(前編)

皆様こんにちは。
ネットワールドのストレージ担当です。

今回は、VxRailのキャッシュディスクにIntel Optaneを搭載したVxRailのパフォーマンスを測定し、その実力を確認していこうと思います。

 

検証方法について

今回の検証では、VxRail E560FのキャッシュディスクとしてIntel Optane P4800Xを搭載したノードを4ノード準備し、25Gネットワークでクラスタを構築しました。
各ノードのスペックは、以下の通りです。

コンポーネント搭載状況
CPUIntel(R) Xeon(R) Gold 6230 CPU @ 2.10GHz × 2 Socket
メモリ32GB × 12本 (384GB)
キャッシュディスクDell Express Flash NVMe P4800X 375GB SFF × 2
キャパシティディスク1.75TB SSD ×4
NICBroadcom Adv. Dual 25Gb Ethernet

 

Optane検証結果_2020071001.jpg

 

Unity XT480のパフォーマンス検証の際には、ネットワールドお得意の125パターンのワークロードで負荷をかけるという検証でしたが、今回は趣を変えてHCI Benchを使用してパフォーマンスを測定していきます。

 

Optane検証結果_2020071002.jpg

負荷をかける際のワークロードは、以下の指標に基づいて作成しました。

Optane検証結果_2020071003.jpg

そのため、今回の検証では、5(Read/Write)*5(Random/Sequential)で25パターンでの測定結果となります。

 

vSANのI/Oを理解する

さて、パフォーマンスを測定する前に、vSANのI/Oフローについておさらいをしておきます。

Optane検証結果_2020071004.jpg

Optane検証結果_2020071005.jpg

という形ですので、Optaneが処理するI/Oは、[Write]が主となる旨にご注意ください。

 

 

指標の取得【Hybridモデルでパフォーマンス測定】

「そもそも、VxRailのパフォーマンスはどれぐらいでるのか」という疑問があるので、まずは指標を定めましょう。

以下のHybridモデルVxRailにて、パフォーマンスを測定してみます。

Optane検証結果_2020071006.jpg

コンポーネント等含めて、VxRailの(ほぼ)最小構成と言えますね。

 

ちなみに、先ほどのvSANにおけるI/O、実はHybridモデルとAll-Flashモデルで異なります。

Optane検証結果_2020071007.jpg

Optane検証結果_2020071008.jpg

このように、Hybridの場合は、キャッシュ領域の70%をRead、30%をWrite用キャッシュとしてあらかじめ割り当てられていて、なるべく高速なキャッシュを使うように設計されています。

ということで、Hybridモデルでも、キャッシュに乗るサイズに収まるI/Oの場合は、All-Flashと遜色ないパフォーマンスが出せるのと考えられます。(当然キャッシュミスが発生すると、一気にパフォーマンスが低下することが考えられるので、パフォーマンスを求めるのであればAll-Flash一択ですね)

ということで、Hybridモデルのパフォーマンスを見てみましょう。

Optane検証結果_2020071009.jpgグラフの右に行くほど、Read比率が上がり、同じRead比率の中ではSequential比率が上がっていきます。
そのため、I/O負荷としては「右に行くほど軽くなる」と考えていただければよいかと思います。

かなり過酷なワークロード(キャッシュミスが増える)をかけたかなとと思いますが、それでもHybridとしては結構出ているなという印象です。

では、Optaneキャッシュ搭載VxRailではどれぐらい出るのでしょうか。

 

といったところで、長くなってしまったので次回に続こうかと思います。
次回投稿は9月9日(水)を予定しております。

Networld Techのブログ一覧はこちら!

https://www.dell.com/community/ストレージ-Wiki/tkb-p/storage-wiki-jp/label-name/EvalReport

バージョン履歴
改訂番号
12/12
最終更新:
‎08-26-2020 10:26 AM
更新者:
 
寄稿者: