[VxRail]Vxrail7.0にアップデートしてみた!

評価なし
3 Argentum

[VxRail]Vxrail7.0にアップデートしてみた!

皆様こんにちは。
ネットワールドのストレージ担当です。

 

2020年4月に、vSphere7.0がバンドルされたVxRail 7.0がリリースされました。
当然、vSANも7.0にアップデートされています。

ということで、今回はVxrail4.7からVxrail7.0へのアップデートを紹介していきます!

前回の検証記事でもVxRail7.0へのアップデートついて少し触れましたが、今回はより詳しい手順を見ていこうと思います。

 


まずは手順を確認しましょう。アップデート手順はSolveOnlineでProcedure(手順)を生成することができます。こちらを参考にアップデートを行っていきます。

スライド1.JPG
Procedureによると、大まかな流れとしては、

  1. VxRail Managerのディスク拡張(Pythonスクリプト)
  2. vCenter Plug-inからアップデート(GUI)

という流れです。非常に簡単そうですね!

 

 

◆VxRail Manager ディスク拡張
サポートサイトよりダウロードし、解凍したPtytonの拡張スクリプトをFileZillaやWinSCPを使用して、Vxrail Managerの/home/mysticにアップロードします。

スライド2.JPG

 

 

VxRailManagerにMysticユーザーでログインし、拡張スクリプトを実行すると、/data/store2が14Gから44Gに拡張されました!簡単ですね!
スライド3.JPG

 

 

◆vCenter Plug-inからアップデート

実際にアップデートを行う前に、念のためVxRailManager、PSC、LogInsight等の管理系のVMのスナップショットを取得しておきましょう。

スライド4.JPG

 


後はこれまでのVxRailアップデートと同様の手順でアップデートを行っていきます。

vCenterにログインし、[クラスタ]-[Configure(設定)]-[Updates(更新)]をクリックし、
[LOCAL UPDATES(ローカルアップデート)]をクリックして、Composite Update Fileを読み込みます。
※画像は、英語になっていますが、当然日本語化されています!
スライド5.JPG

 

 

検証時点では、Composite Update Fileのみリリースされていたため、
VxRail4.7(vSphere6.7)から、VxRail7.0(vSphere7.0)へのローリングアップデートを実施します。

vCenter Plug-inから更新を実施し、Composite Update File(約7GB)を読み込みます。読み込み完了後、【CONTINUE UPDATE】をクリックします。
スライド6.JPG

 

 

【CONTINUE UPDATE】をクリックするとこれまで通りアップデートウイザードが表示されます。

ここで、各コンポーネントの認証情報を入力して下さい。必要なアカウント情報としては以下になります。

  • VxRailManager rootアカウント 
  • vCenter administratorアカウント 
  • vCenter rootアカウント 
  • PSC rootアカウント 

またスケジューリングでのアップデートも可能です。

スライド7.JPG

 

 

4.7から7.0での変更点としては、[Temporary IP settings]という項目が増えていました。

VxRail7.0から、これまで外部PSCだったものを、内部PSCに変更するために、仮のIPアドレスを設定する必要があります。
あらかじめ、管理用セグメントからIPアドレスを一つ払い出しておきましょう。
必要項目をすべて入力したら【NEXT】をクリック。
スライド8.JPG

 

 

あとは各コンポーネントを勝手にアップデートを進めてくれます。(なんて楽なんでしょう・・・)

この時、1ノードずつローリングでアップデートするので、サービスへの影響はありませんが、4ノード以上での構成の場合、ホットスペアとなるノードがなくなってしまいます。

スライド9.JPG

 

しばらく待っていると…
はい!この通り無事Vxrail7.0にアップデートすることが出来ました。
ちなみに今回の検証環境ではローリングアップデートには4時間程度かかりました。
スライド10.JPG

 

 

以前と同様にvCenter Plug-inからホスト追加やVxRailの各コンポーネントのステータスを確認をすることができます。
4.7の時のVxRailのvCenter Plug-inについてはこちらの記事でも紹介しているので、併せてご覧ください!
(4.7→7.0でGUIに大きな変更はないようです。)
スライド11.JPG

 

 


以上、VxRail4.7→VxRail7.0のアップデート手順の紹介でした。皆様いかがでしょうか?

以前のアップデート手順と比べて、VxrailManagerのディスク拡張という手順が増えていましたが、それ自体はスクリプトを流すだけなので全体的には非常に簡単にアップデートを行うことが出来ました。

今回の情報が少しでも皆様のお役に立てれば幸いです!

 

では、次回の記事もお楽しみに!

Networld Techのブログ一覧はこちら!

https://www.dell.com/community/ストレージ-Wiki/tkb-p/storage-wiki-jp/label-name/EvalReport

バージョン履歴
改訂番号
19/19
最終更新:
‎09-23-2020 10:17 AM
更新者: