XtremIO:XMSバージョン6.2.1-36で、レガシーESRS-GWとEメール コール ホーム通知の設定を使用している場合、設定ファイルがCLMに送信されない(000532295)

評価なし
モデレーター
モデレーター

XtremIO:XMSバージョン6.2.1-36で、レガシーESRS-GWとEメール コール ホーム通知の設定を使用している場合、設定ファイルがCLMに送信されない(000532295)

プライマリ製品:XtremIOファミリー

製品:XtremIOファミリー、XtremIO X1、XtremIO X2

バージョン:6

記事タイプ:不具合修正

対象読者:レベル30 = お客様

最終発行日:2020年1月9日木曜日11:28:28(GMT)

 

サマリー:

 

 

問題:

レガシーESRS-GWまたはEメール コール ホーム通知の設定を使用しているXMSバージョン6.2.1-36では、影響を受けているクラスターのCLMに対する構成ファイルの送信が機能しません

注:この問題は、バージョン6.2.1-36でXMSに接続されているX1およびX2クラスターに影響します

注:この問題は、影響を受けるクラスターのCLMへのアラート送信、またはこれらのアラートに基づいたサポート リクエストのトリガーには影響しません

注:この問題は、XMSバージョン6.2.1-36でのESRS-VEのコール ホーム通知設定には影響しません

注:この問題は、バージョン6.2.1-36でXMSに接続されているクラスターへの接続/リモート アクセスには影響しません

注:この問題はCloudIQサービスには影響しません。これらは、XtremIOクラスターでESRS-VEコール ホーム通知設定を使用するためです。

 

次の手順に従って、接続されているXMSがこの問題の影響を受けているかどうかを確認します。

1.    XMSにadminとして接続します

2.    show-xms XMCLIコマンドを実行して、XMSバージョンを確認します

:XMSがバージョン6.2.1-36を実行している場合のshow-xmsコマンドの出力
xmcli (tech) > show-xms
Name Index SW-Version Xms-IP-Addr Xms-Mgmt-Ifc REST-API-Protocol-Version IP-Version Default-User-Inactivity-Timeout
xms   1    6.2.1-36   <XMS IP>     eth0         2.0                       ipv4      10

3.    show-syr-notifier XMCLIコマンドを実行して、XMSに現在設定されているコール ホーム通知設定がレガシーESRS-GWまたはEメールであることを確認します

レガシーESRS-GWコール ホーム通知設定が現在XMSに設定されている場合のshow-syr-notifierコマンドの出力
xmcli (tech)> show-syr-notifier
Enabled: True
Config-File-Frequency (hours): 24
Advisory-Polling-Interval (hours): 24
ConnectEMC-Config: ----->
Connection Type: ESRS Gateway (Legacy)
URL: https://10.76.223.64:443/incoming
Site Name: 15112364
PSNT: XIOAPPLAB00101

Eメール コール ホーム通知設定が現在XMSに設定されている場合のshow-syr-notifierの出力

xmcli (tech)> show-syr-notifier

Enabled: True

Frequency (hours): 24

ConnectEMC-Config: ----->

ConnectionType: Email

EmailServer: smtp-server

EmailSender: xms

EmailAddress: emailalert@emc.com

Site Name: 15112364

PSNT: XIOAPPLAB00101

​​​​​​

 

原因:

この問題は、すべてのConnectEMCベースのコール ホーム通知設定(レガシーESRS-GWとEメール)に対するSYR通知サービス コードでのXMSソフトウェアの問題が原因です。この問題により、これらのコール ホーム通知設定についてのみ、クラスター ログ バンドルが生成されますが、CLMへの送信のためにConnectEMCには転送されません。

 

 

解決方法:

解決策:

影響を受けたXMSをソフトウェア バージョン6.2.2-4(またはそれ以降)にアップグレードします。これには、記載されている問題に対する恒久対策が含まれています。このXMSのみのアップグレードを手配するには、Dell EMCグローバル テクニカル サポートにお問い合わせください。

注:この問題を解決するには、クラスター ソフトウェア全体のアップグレード(NDU)は必要ありません

回避策:

影響を受けるクラスターから構成ファイルの送信を再開するには、クラスターに接続されているXMSでESRS-VEコール ホーム通知設定に切り替えます。ESRS-VEコール ホーム通知設定への切り替えの詳細については、Dell EMC KB# 519311(https://support.emc.com/kb/519311)を参照してください。

この回避策は、ESRS-VE GWマシンに接続されているXMSに最も適しています。

現在お客様のSMTPサーバーに接続されており、Eメール コール ホーム通知設定を使用しているXMSでこの回避策を実行する場合、お客様がESRSの使用とESRS-VE GWマシンの導入に同意する必要があります。詳細については、Dell EMCのKB# 519311を参照してください。

接続されているXMSでこの回避策を実行するには、Dell EMCグローバル テクニカル サポートにお問い合わせください。

 

プライマリー製品:

XtremIOファミリー

 

製品:

XtremIOファミリー、XtremIO X1、XtremIO X2

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎08-13-2020 02:27 PM
更新者:
 
寄稿者: