iSCSIイニシエータをCLARiXアレイに接続するベスト プラクティス

モデレーター
モデレーター

iSCSIイニシエータをCLARiXアレイに接続するベスト プラクティス

製品:

CLARiX AXシリーズ、CLARiX CXシリーズ、CLARiX iSCSIアレイ、VNX、VNXe


説明:

1台のサーバで複数のNICを使用する場合、各NICは別々のサブネット上にある必要があります。 同じことが、iSCSI HBA(以下HBA)にも当てはまります。VMwareでは、1台のホストが各サブネットに複数のイニシエータまたはHBAを置く構成をサポートしていません。Microsoft iSCSI Software Initiatorのデフォルト構成では、同一サブネット上にある2つ目以降のカードは無視されます。 PowerPathには、ライセンス バージョンとライセンスのないバージョンがあります。 ライセンス バージョンのPowerPathでは、ホストで複数のNIC/HBAを使用でき、NICごとに2つのパスを使用できます。 ライセンスのないバージョンのPowerPathでは、1つのNICとそのNICからの2つのパスしか使用できません。パスの1つはSPAへのパス、もう1つはSPBへのパスです。 ライセンスのないPowerPathは、ロード バランシングをサポートしていません。

デフォルトの接続を使用する場合、同一サブネット上に複数のNICカードがあると、iSCSIはロード バランシングを正しく調整しません。


解決策:

iSCSIホストをCLARiXまたはVNXに接続するベスト プラクティスを以下に示します。

  • iSCSIには、FC SANとは異なりゾーニングがありません。そのためCLARiXアレイでは、別々のサブネットを使用してiSCSIポートへの冗長パスを提供します。 iSCSIでは、各VLANのホストごとに1つのHBAと、各SP(ストレージ プロセッサ)の1つのポートで構成された複数のmini-SAN、つまり複数のVLANが必要です。たとえば、あるVLANにはA0とB0、別のVLANにはA1とB1があるということになります。 1つのサーバから1つのストレージ システムへのすべての接続において、NICまたはHBAのいずれかのインタフェース タイプを使用する必要があります。併用はできません。
  • iSCSIサブネット用に別々に切り離されたIPネットワーク/VLANを作成するのが望ましいプラクティスです。 これは、iSCSIデータが暗号化されていないためです。また、iSCSIのみのネットワークを使用すると、トラブルシューティングが容易になります。
  • ホストのNIC/HBAが1つだけの場合、SPごとに1つのポートにのみ接続する必要があります。  ホストに複数のNICまたはHBAがある場合、各NIC/HBAはSP Aの1つのポートとSP Bの1つのポートに接続できます。複数のSPポートを1つのNICに接続すると、NICが過負荷になり、フレームが破棄されることがあります。
  • iSCSIイニシエータでは、SPへの各iSCSI接続に異なる「ソースIP」値を設定します。 つまり、各NICのIPアドレスがホストのiSCSIソースIPアドレスのリストに2つのみ表示されるようにします。 1つはSP Aのポートのアドレス、もう1つはSP Bのポートのアドレスです。
  • ストレージ プロセス管理ポートとiSCSIポートが同じサブネットを使用しないようにします。詳細については、emc235739を参照してください。 
  • SPの2番目のiSCSIポートに異なるIPスイッチを使用するのもベスト プラクティスです。 これにより、IPスイッチが単一障害点にならないようにします。 この方法により、1つのIPスイッチが完全に障害状態になった場合、ホストはPowerPathを介してもう1つのIPスイッチのパスにフェイルオーバーできます。 同様に、ホストの複数のIP接続に異なるスイッチを使用することも推奨されます。
  • ゲートウェイを使用することもできますが、理想の構成は、ゲートウェイを使用せずに、HBAと同じサブネット上に1つのSP Aポートと1つのSP Bポートを配置する構成です。

iSCSIホストとCLARiXまたはVNXの接続の詳細については、Primusの記事emc156408」を参考にしてください。

これは、EMCサポートコミュニティで作成されたドキュメントの翻訳版です。原文の英語はこちらから参照できます

https://community.emc.com/docs/DOC-12813


バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎07-12-2012 01:08 PM
更新者: