メッセージへの返答

メッセージへの返答

ディスカッションをポップアップウィンドウに表示

返信先:
kwmt
3 Silver

Re: VxRail障害時のvSANリバランス動作について

私も以前検証した際は kaneda さんの経験・検証と近い速度でした。

試した環境はVxRail 4.5 (vSAN 6.6.1) 環境、VxRail Gen3 AF vSAN 4 Node で 各ノードは 1.92TB x 3本のキャパシティ、VxRail Gen4 AF vSAN 4 Node で同一容量のキャパシティで、仮想マシンデータで全容量の50%まで利用した状態で

1 Node を疑似障害を起こし、仮想マシンのミラーの片割れの再同期を vSAN Health の再同期モニタと、RVCの Resync Dashboard で転送される速度を確認しました。

その時はGen3の構成では 3TB 前後の転送で5時間弱、Gen4の構成では4時間強と新しい方が速度は上でした。

 

参考までに、VxRail 4.7 (vSAN 6.7u1) では、Adaptive Resync 機能に大きな改善が入っているので、再構成中のIOと通常のVMのIOの調整もだいぶ良くなり、VM側のIOが少なければ高い処理能力を再構成に振り分けてくれるように改善されています。

https://storagehub.vmware.com/t/vmware-vsan/adaptive-resync-in-vsan-6-7/adaptive-resync/